どすこい!人生

「ニコニコ動画への投稿お知らせ」や「独り言」などなど

メニュー

エンコード

エンコードにはAviUtlを使用します。

エンコード行うまでの各ソフトウェアとPluginのインストール方法は、以下になります。
 1. AviUtlを解凍
 2. AviUtlの各Plugin(aufファイル等)を、AviUtlフォルダにコピー
 3. Nero AAC Codecを解凍
 4. 「neroAacEnc.exe」を、AviUtlフォルダにコピー
 5. 拡張 x264 出力(GUI) Exを解凍
 6. 「x264guiEx.auo」と「x264guiEx.ini」、「x264guiExDefault.ini」をAviUtlフォルダにコピー
 7. x264CLI(x264.exe)を任意の場所にコピー(後で場所を指定します)
 8. MP4Boxの「MP4Box.exe」を任意の場所にコピー(後で場所を指定します)

 次に、大関がAviutlで使用しているPluginをご紹介します。
フィルタの優先順位も下記の順番となっています。

 ・色調補正(標準)
   明るさ、コントラストなどの調整。
 ・ResizeFilter
   解像度を拡大、縮小する。エンコード時間の高速性と、滑らかな縮小が出来ます。
 ・アンシャープマスクMT
   映像をシャープにします。マルチスレッド対応版。
 ・色褪せ軽減
   動画内の色変換の劣化を目立たなくします。
 ・UVダウンサンプリングフィルタ
   文字や線のギザギザが軽減されたり、AviUtlが行う色変換の極端な色化けを回避します。

ニコニコ動画にうpする動画は、以下のように決められています。

 動画フォーマット:H.264/MPEG-4 Part 10 Advanced Video Coding
 プロファイル:ベースライン
 ファイル容量:100MB(プレミアム会員)
 ビットレート:制限なし(プレミアム会員)
 音声フォーマット:AAC(AAC-LC、HE-AAC、HE-AACv2)

これらになるように、以下エンコード設定をしていきます。

◯各Pluginの設定
   まずは、Aviutlに動画を読み込みます。
  そして以下の順序でPluginを設定していきます。

  ▼色調補正
   AviutlのPlugin「色調補正」の設定画像です。

   デフォルトの映像だと、暗めだったので、明るさを少し上げめにしています。
     明るさ:20
     コントラスト:20
     ガンマ:10

  ▼ResizeFilter
   AviutlのPlugin「Resize Filter」の設定画像です。

    基本16:9の比率なので「640 x 360」に設定します。
   輝度、色差は、一番縮小処理が綺麗になる「Spline36」を使用しています。
     サイズ:640×360
     輝度:Spline36
     色差:Spline36
     SIMD:SSE2

  ▼アンシャープマスクMT
   AviutlのPlugin「アンシャープマスクMT」の設定画像です。

   縮小後に、映像と字幕やタイトルを見やすくするために、少しキツめにかけています。
     適応量:25
     範囲:10
     閾値:50

  ▼色褪せ軽減
   AviutlのPlugin「色褪せ軽減」の設定画像です。

   リサイズ後にフィルタをかけます。設定はデフォルトのままです。

  ▼UVダウンサンプリングフィルタ
   AviutlのPlugin「UVダウンサンプリングフィルタ」の設定画像です。

   すべてのフィルタの最後に適用します。
     N:2(または3か4)
     YUV420(YV12相当):チェックいれます。

◯拡張 x264 出力(GUI)Exの設定
   各項目を以下に設定していきます。
  PCのスペック次第では、時間のかかる設定もあります。
  そのような項目は解説を入れています。

  ▼ビットレートと音声
   拡張 x264 出力(GUI)Exの「映像・音声」の設定です。
   ・音声
     エンコード設定:AAC-HE 64kbps
       画質優先にしたいので音声のビットレートは低めにしています。
     mp4box.exeの指定:(mp4box.exeのパス)
       右側のボックスを選択して「mp4box.exe」のファイルを指定します。
   ・映像
     x264.exeの指定:(x264.exeのパス)
       右側のボックスを選択して「x264.exe」のファイルを指定します。
     パス:マルチパス – Nth PASS
       画質上げるのに重要。その分2倍近くエンコード時間は延びます。必須。
     nul出力:チェックオン
       マルチパスをする時に必須。
     自動マルチパス:2
       1回目で動画の動き情報を取得して、2回目でエンコード作業に入ります。
     品質(Quality):(動画時間により調整)
       画質に超影響するビットレート設定。こちらのサイトから計算出来ます。
     速度:VerySlow
       Slowに選ぶほど画質は上がりますが遅くなるので注意です。優先順位的には低めです。

 ▼レート設定
  拡張 x264 出力(GUI)Exの「レート・QP制御」の設定です。
   QPの下限:0
     容量を抑えたい場合は数値を増やしていきます。
   モード:VAQ
     ビットレートの配分をさらにメリハリつけたい場合は「AutoVAQ」を選びます。
   強度:0.8
     アニメ等の場合は0~0.6に設定します。
     FPSなどでブロックノイズが気になる時は、モードをAutoVAQにして1.0~1.2にします。
   RDO:0.8
   Trellis:0.0
     アニメ等の場合は0.3:0.0などの低い数値にします。
     1.0:0.0だとビットレートが増えるので少し下げ気味にします。

 ▼フレーム
  拡張 x264 出力(GUI)Exの「フレーム」の設定です。
   マクロブロックタイプの指定:「4×4,4×8 and 8×4 Pフレーム動き補償」以外すべてチェック
     多くチェックを入れた方が高画質です。必須。
   キーフレーム間隔の上限:(fps x 10)
     30fpsの動画なら300。60fpsなら600を設定します。
   適応的Bフレーム挿入:完全
     エンコードに時間的な余裕があるなら「完全」にします。若干の画質向上。

 ▼詳細
  拡張 x264 出力(GUI)Exの「詳細」の設定です。
   動き予測アルゴリズム:Uneven Multi-Hexagon search
     slowほど精度が高く、画質と圧縮率が向上。エンコード時間がかなりかかるので注意です。
   サブピクセル精度:10(QP-RD)
     高いほど画質が向上します。余裕があれば上げたい。
   動き検索範囲:24
     高いほど動画の動きを検出し画質が向上します。多くても24くらいまでにします。
   参照距離:6
     あまり高くしすぎると再生負荷が高くなります。6程度までに抑えます。
   レート歪み最適化:All MB Encode
     失われた情報を回復させて画質を若干向上するモードを選択します。

 ▼出力,その他
  拡張 x264 出力(GUI)Exの「出力、その他」の設定です。
   colormatrix:smpte170m
      AviUtlの方で「設定 → 色変換」を「入力[自動]」「出力[BT.601]」にしておきます。
   H.264 Level:3
      SD解像度(ニコ動等)は3、HD解像度は4.0か4.1を入れます。

 ▼コマンド
  拡張 x264 出力(GUI)Exの「コマンド」の設定です。
   「–colormatrix smpte170m」と記載
     解像度が720以下の場合は必ず記載します。「画面に反映」ボタンを押すことを忘れずに。
     ※「出力・その他」の項目で「colormatrix:smpte170m」を選択している場合は自動で入力されます。

 ▼拡張設定
  拡張 x264 出力(GUI)Exの「拡張設定」の設定です。
   YUY2->YV12変換にSSE2を使用:オン
     Pentium4以降のPCでは、エンコード速度がアップします。
   非afs時でもAviUtlのキーフレーム検出をスキップする:オン
     AviUtlのキーフレーム設定を無視する代わりに、すぐにエンコードが始まります。

 以上で、すべての設定が完了です。
保存する場所を決めて、エンコードを開始します。
エンコードが完了しましたら、次はニコニコ動画にアップロードします。

>>次ページ 【アップロード】

コメント

  1. 匿名 2014.02.07 2:53pm

    出力,その他でcolormatrix:smpte170mを選択すると、自動的に「–colormatrix smpte170m」がコマンドとして入力されます。
    なのでコマンド入力欄での–colormatrix smpte170mの記載は不要かと思われます。

    • 大関@管理人 2014.02.14 4:07am

      情報ありです。
      ちょっと古めの情報のようでした。修正しておきま〜っす。

HTMLタグはご利用いただけません。

解説ページ

全て開く | 全て閉じる