どすこい!人生

「ニコニコ動画への投稿お知らせ」や「独り言」などなど

メニュー

VideoとAudio

Videoの圧縮設定と、Audioの圧縮設定です。
 Flash Media Live Encoder設定 「VideoとAudio」
 ◯Video
   ▼Device
     配信する映像デバイスを設定します。
     ここではデスクトップキャプチャーした「SCFH DSF」を指定します。
   ▼Format
     映像の圧縮コーデックを設定します。
     以下の2種類が設定可能です。それぞれ特徴があります。
      ・H264
        低ビットレートでも比較的綺麗。ブロックノイズは大きめ。PC負荷高い。
      ・VP6
        各プリセットで色々な配信に対応。ブロックノイズ小さめ。PC負荷小さい。
        「スパナアイコン」を選択すると、各プリセットを設定出来ます。
        Flash Media Live Encoder設定 「VP6」

          ・Keyframe Frequency
            録画した際の早送りした場合に飛ぶ間隔を設定します。
            配信のみの場合は特に設定する必要は無いです。
          ・Noise Reduction
            ノイズを除去する処理の設定です。
            PC負荷が増えるので余裕ある場合のみ設定します。
          ・Datarate Window
            圧縮中のビットレート変動量の設定です。
            特に変更する必要はありません。
          ・CPU Usage
            CPU負荷の設定です。
            「Dedicate > Very Low」の順で負荷が高いです。
            特に変更する必要はありません。
          ・Quality
            映像を動き重視にするか画質重視にするかのプリセット設定です。
            Flash Media Live Encoder設定 「Quality」

             ・Best Quality – Lower Framerate
               画質:最高、動き:最低、ラジオ配信等の映像が静止画向けです。
             ・Great Quality – Avg Framerate
               画質:高、動き:低、スライドショーなど少し動きがある向けです。
             ・Good Quality – Good Framerate
               画質:並、動き:並、バランスが良くFPSなど向けです。
             ・Avg Quality – Great Framerate
               画質:低、動き:高、格闘ゲームなど動きが重要なもの向けです。
             ・Lower Quality – Best Framerate
               画質:最低、動き:最高、殆どの配信に向きません。
   ▼Frame Rate
     動きの滑らかさの設定です。
     通常は30.00。ラジオなど動きが殆ど無い場合はもっと下げる設定が良いです。
   ▼Input Size
     デバイスから来る解像度の設定です。
     アマレコTV Liveでニコ生向けの512×288に設定したので、同じ数値を入力します。
   ▼Bit Rate
     毎秒あたりのデータ転送レートの設定です。
     数値が高いほど高画質になります。
     ニコ生は映像と音声のビットレートを合わせて「384Kbps」以内にします。
      映像側の数値は「300Kbps」が限界と思われます。
   ▼Output Size
     配信する際の解像度の設定です。
     「Input Size」と同じ数値を設定します。
 □Audio
   ▼Device
     配信する音声デバイスの設定です。
     ここでは「ステレオミキサー」を指定します。
   ▼Format
     音声の圧縮コーデックの設定です。
     ここでは「Mp3」を指定します。
   ▼Channels
     音声をモノラルかステレオかを設定します。
     ステレオにするとその分ビットレートが必要です。
     映像重視ならモノラル、音声も綺麗にしたいのならステレオを設定します。
   ▼Sample Rate
     音声のサンプリング周波数を設定します。
     ここでは「44100」指定します。これ以下にすると音質が悪すぎます。
   ▼Bit Rate
     毎秒当たりのデータ転送レートを設定します。
     最低でも「56Kbps」、音質重視なら「96kbps」から「128Kbps」に設定します。
     映像のビットレートと合わせて数値を決定します。

次は、配信するために必要なURLやStreamの設定です。

>>次ページ 【Stream to Flash Media Server】

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

解説ページ

全て開く | 全て閉じる