どすこい!人生

「ニコニコ動画への投稿お知らせ」や「独り言」などなど

メニュー

FMEでの配信

ここでは、Flash Media Encorder(以下FME)の設定と、Ustreamで配信するまでを解説します。
まず、前提としてニコ生で配信出来るように、ハードウェアやソフトウェア、そしてFMEの準備をしておきます。

各準備が出来ましたら、FMEの各項目をUstream用に設定します。

◯解像度とビットレート
 ニコ生と違い、特に制限が無いので高めの設定にします。
 ただし、あまりに大きな数値ですとPCへの負荷が高くなってしまいます。
 PCのスペックにあった数値にしましょう。
 主要な設定項目を抜粋します。

 ▼Format
   VP6でもH264でもどちらでも構いません。
   ビットレートを高めにするのならH264の方が画質は良いのでオススメです。
 ▼Input Size , Output Size
   配信する解像度です。
   HD(1280×720)とかでも配信出来ますが負荷がかなり高いです。
   ですので、せいぜい640×360(16:9)程度にしておきましょう。
 ▼Bit Rate
   大きくすれば画質が上がります。
   ただし、こちらも数値を大きくすると負荷が高くなります。
   せいぜい700~1000kbpsが妥当でしょう。

   また、Audioにもビットレートを多めに割り振れます。
   ステレオにしてみたり、128kbpsくらいに設定してみましょう。
 ▼Stream to Flash Media Server
   番組設定からダウンロード、または開いた「XML」ファイルを確認します。
   「rtmp」という先頭文字の後に続いている文字列をコピーします。
   (例) rtmp;//1.1234567.fme.ustream.tv/ustreamVideo/1234567
   これをFMEの「FMS URL」にペーストします。

   次に「stream」という先頭文字の後に続いている文字列をコピーします。
   (例) ABCdeFG123HIJKlmnop45qr54afdalj
   これをFMEの「Stream」にペーストします。

以上で、FMEの設定は終了です。

◯配信スタート
 FMEの「Start」を選択してFMEを稼働させます。
 するとログが表示されますので、しばらく待ちます。

 少し待つと、「Primary – Network Command : ping」というログが流れす。
 流れたのを確認しましたら、Ustreamの自分のダッシュボードに移動します。
 Ustream 「FMEでPing確認」

 右上のある「ライブ配信」を選択します。
 Ustream 「ライブ配信」

 ライブ配信する番組を選択するウィンドウが出てきます。
 先ほど作成した番組を選択します。
 Ustream 「番組選択」

 次に、小さいウィンドウが出てきます。
 配信を開始する場合は「配信の開始」。
 同時に録画する場合は「録画の開始」を選択します。
 Ustream 「配信の開始」

以上で、Ustreamの配信が可能になりました。
自分の番組ページを見て見て、実際に配信されているか確認します。
次は、チャットの設定をします。

>>次ページ 【チャット管理】

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

解説ページ

全て開く | 全て閉じる