どすこい!人生

「ニコニコ動画への投稿お知らせ」や「独り言」などなど

メニュー

チャットを合成

 ここでは、LimeChatで表示されたコメントを配信画面に字幕として表示する方法を解説します。
字幕を表示させるには「NicoLime」を使用します。
NicoLime 「インターフェース」

まず、配信環境の前提として、「SCFH DSF」などのデスクトップキャプチャーソフトウェアを使用している必要があります。
「アマレコTV Live」などで表示された画面の上に、「NicoLime」で表示されたコメントが流れ、それを「SCFH DSF」がキャプチャーするというイメージです。
NicoLime 「イメージ」

◯NicoLimeとLimeChatの連携設定
 NicoLimeのフォルダに「NicoLime.js」というファイルがありますので、以下のフォルダにコピーします。
「(LimeChatフォルダ)¥users¥(ユーザ名)¥scripts」
(¥マークは半角です。上記は全角になっています。)

 コピーし終えましたら「LimeChat」の方を設定します。
起動してメニューから「サーバ → サーバーのプロパティ → スクリプト → NicoLime.js」にチェックを入れます。
NicoLime 「NicoLime.jsスクリプトにチェック」

◯NicoLimeの設定
まずは、「SCHF DSF」のオプションで「Show Layerd Window」にチェックを入れておきます。
SCHF DSF 「レーヤーウィンドウ表示」

次に、「NicoLime」を起動して、タイトルバーを右クリックして「設定」を選択します。
NicoLime 「設定...」

「設定ウィンドウ」が出てきますので、主要な項目を設定します。
NicoLime 「設定ウィンドウ」

▼メッセージ表示時間
 1000単位で1秒と計算します。
 ニコ動っぽくするには「3000」くらいに設定します。
▼FPS(描画頻度)
 描画のフレーム数です。
 配信のフレームレート数(30FPS)と同じくらいで構いません。
▼メッセージ表示方式
 ニコ動と同じく「左スクロール」にチェックを入れます。
 後は、「メッセージを上に寄せる」もチェックを入れます。
▼ウインドウ
 アマレコTV Liveで表示されている大きさと一致させます。
 大関の場合は「512×288」に設定しています。
 後述しますが、自動で画面にフィットしてサイズを決定する事も出来ます。
▼フォント
 好きなフォントを指定します。
▼テスト・プレビュー
 設定した項目を反映して、画面内にテスト文字を表示します。

◯配信画面にサイズを合わせる
 字幕が流れる事を確認しましたら、アマレコTV Liveなどのキャプチャー画面にぴったり合わせるように設定します。
「Shiftキー」を押しながらNikoLimeのタイトルバーをドラッグして、キャプチャー画面にドロップします。
フィットしている場所に「赤い枠」が出ますので、確認しながら合わせます。
NicoLime 「SHIFTを押しながらドラッグ」

以上で、字幕を流す設定は終了です。

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

解説ページ

全て開く | 全て閉じる