どすこい!人生

「ニコニコ動画への投稿お知らせ」や「独り言」などなど

メニュー

アプリケーション連携

 ここでは「アプリケーション連携」について解説します。
FMEAutomatorが配信を開始した時に、コメントを確認する「コメントビューアー」や、読み上げを行う「棒読みちゃん」、そして配信ページを確認するブラウザ等を起動するように設定します。

◯コメントビューアー
FMEAutomatorが標準で対応しているコメントビューアーには以下があります。
 ・Niconama Comment Viewer
 ・nwhois

ここでは、大関が使用している「Niconama Comment Viewer(以下NCV)」を使用した場合で解説していきます。

まずメニューから「プラグイン → NCV 連携」を選択します。
FMEAutomator 「NCV連携設定」

「NCV 連携 設定」ウィンドウが開きますので、各項目を設定していきます。
FMEAutomator 「NCV連携設定ウィンドウ」

 ▼NCV 連携を有効にする
   有効にするのでチェックを入れます。
 ▼NCV のパス
   NCVがインストールしてあるパスを指定します。
   (例) “C:¥niconico¥nama¥ncv_0079¥NiconamaCommentViewer.exe”
 ▼起動遅延
   NCVを起動するまでに遅らせる時間を設定します。
   最初は特に必要ありません。
 ▼NCV の多重起動を禁止する
   枠取る毎にNCVが起動してしまうのでチェック入れます。

◯ブラウザ
 配信が始まったらブラウザを起動するように「アプリケーション連携」を設定します。
メニューから「プラグイン → アプリケーション連携 → 設定」を選択します。
アプリケーション連携 「設定」

「連動起動 設定」ウィンドウが開きます。
ここではブラウザが自動起動するように設定します。
FMEAutomator 「アプリケーション連携設定ウィンドウ」

 ▼名前
   分かりやすい名前を付けます。
   ブラウザ名などを付けると良いでしょう。
 ▼ファイルパス
   ブラウザまでのパスを指定します。
   (例) “C:¥Program Files¥Internet Explorer¥iexplore.exe”
 ▼コマンドライン
   「http://live.nicovideo.jp/watch/lv${BroadcastID}」と入力します。
   前半は生放送の固定配信URLになっています。
   後半の「${BroadcastID}」は、FMEAutomatorが毎回変更される生放送のURL部分を、
   自動で入力してくれます。
 ▼表示方法
   「通常表示」で構いません。
 ▼起動タイミング
   「配信開始後」を指定します。
   配信が開始しましたら、自動でブラウザが起動するようになります。
 ▼終了タイミング
   「配信終了後」
   配信が終了しましたら、自動でブラウザが終了するようになります。
 ▼起動遅延
   通常は「0」で問題ありません。

 棒読みちゃんも同様に設定出来ますが、棒読みちゃん自体は初回だけ手動で起動して、その後はずっと起動しておけば、終了させる必要がありませんので、特に設定する必要は無いと思います。

 設定し終えましたら、
メニューから「プラグイン → アプリケーション連携 → アプリケーション」から、連動させたいアプリケーションにチェックを入れます。
FMEAutomator 「アプリケーション連携チェック」

 以上でアプリケーション連携の設定は終了です。
これでFMEAutomatorを使用しての配信準備が完了しました。
次は、実際に配信する流れを説明します。

>>次ページ 【実際の配信の流れ】

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

解説ページ

全て開く | 全て閉じる