カテゴリー : PC

メモリを増設してみた

本日は、先日秋葉原に行って、今メインとして使っているPCのMac Pro用のメモリを買ってきたので、それのレビューを書きたいと思います。

今回は、以下のように環境を変更しました。

【Mac Pro(Early 2009)】
  メモリ:6GB → 24GB

まず、換装前の情報を書いておきます。

【このMacについて】
換装前 「このMacについて」
CPUは2.26GHz(4コア) x 2、メモリは6GB(DDR3 1066MHz)です。

【システムプロファイラ】
換装前 「システムプロファイラ」
1GBを6枚使用しています。ECCは有効。

 次に、この旧メモリを外します。
Mac Proは側面の扉を外して、メモリ交換をします。

【Mac Pro 外観】
MacPro(2009) 「外観」
ライザーカード(下段にあるラッチ付きの土台)にメモリとCPUが付けられています。

【ライザーカード(真上)】
MacPro(2009) 「換装前ライザーカード01」
大きい四角いものがCPUで、その隣に4枚ずつメモリが取り付けられるようになっています。

【ライザーカード(拡大)】
MacPro(2009) 「換装前ライザーカード02」
現在は3枚ずつ、若い番号から組になるように刺さっています。

【旧メモリ】
旧メモリ(アップル純正) 「6枚並び」
アップル純正のメモリです。特にヒートシンクとかは付けられていません。

【旧メモリ】
旧メモリ(アップル純正) 「シール部分拡大」
拡大。アップル製というわけではなく、台湾メーカーのNANYA製です。

 次に、今回買ったメモリをご紹介。
今回は価格重視で選びました。
というのも、ECC付きのメモリは、ECC無しに比べて価格が2倍以上するんですよね。
そして、ECC無しがとにかく安かったので、仮に不具合とか出てもデメリットが少なかったというのが、今回買ったメモリを選んだ理由です。

※ECC ・・・ メモリがデータ処理時にエラーを出した場合に訂正してくれる機能

2011年8月現在の、それぞれのメモリの価格は以下です。
※4GB 2枚組の価格(価格ドットコム調べ)
 ・ECC付き 約9,000円
 ・ECC無し 約3,000円

約3倍くらいの価格差がありました。

また、ネットで調べた結果、Mac Proのメモリに関して、以下のような事も分かりました。
 ・ECC無しの場合でも認識する(純正はECC付きのメモリ)
 ・DDR3-1333でも認識する(純正はDDR3-1066の速度が1つ下の規格)

 そんなこんなで、今回選んだメモリはADATA製製の「AD3U1333C4G9-2」です。
ネットで評判が良かったのと、秋葉原のパーツショップで安く売っている所が多かったからです。
ちなみに当日は、クレバリーが最安だったのですが売り切れで、ドスパラとツクモで悩んだ結果、保証内容が永久保証だったし、20円安かったのでツクモを選びました。

それでは買ったメモリを見ていきましょう。

【新メモリ】
新メモリ(ADATA AD3U1333C4G9-2) 「パッケージ」
パッケージ。このパッケージ開けにくいですねw

【新メモリ】
新メモリ(ADATA AD3U1333C4G9-2) 「6枚並び」
4GBが2枚セット、これを3セット買いました。

【新メモリ】
新メモリ(ADATA AD3U1333C4G9-2) 「シール部分拡大」
シール部分の拡大。

 メモリを取り付けていきます。
Mac Proの8コア製品には、メモリスロットが8ヶ所あります。
スロットは大きく二つに分かれていて、それぞれ番号が割り振られています。
4スロット(1番~4番)、4スロット(5番~8番)となっています。

取り付けるメモリの枚数によって、どの場所に付けるかが決まります。

◯2枚の場合
  1番、2番
◯3枚の場合
  1番、2番、3番
◯4枚の場合
  1番、2番、5番、6番
◯6枚の場合
  1番、2番、3番、5番、6番、7番
◯8枚の場合
  すべて

今回は6枚ですので、1番~3番、そして5番~7番に取り付けます。

【新メモリ】
新メモリ(ADATA AD3U1333C4G9-2) 「ライザーカード01」
ライザーカードの1番~3番にメモリを取り付け。

【新メモリ】
新メモリ(ADATA AD3U1333C4G9-2) 「ライザーカード02」
ライザーカードの5番~7番にメモリを取り付け。

 換装後、メモリが正常に認識しているかのテストと、メモリに不具合が無いかテストしました。
まずは、アップル純正の「Apple Hardware Test(以下AHT)」を実行します。
最近のMacでしたら、すでにインストールされていますし、少し前のでも付属のMac OS DVDメディアに入っています。

すでにインストールされている場合は、起動時にキーボードの「D」キーを押しながら起動します。

【AHT】
Apple Hardware Test 「メモリチェック01」
各言語にも対応しています。

【AHT】
Apple Hardware Test 「メモリチェック02」
簡易版は3分程度、全テストは1時間以上かかります。今回は簡易版にしました。

 AHTの時点で、すでに24GBとメモリは認識していました。
テストは、「簡易版」を実行した結果、特に問題はみられませんでしたが、時間がある方は「全テスト」を実行した方が良いでしょう。
メモリ以外もしっかりチェック出来るのでオススメです。

 次に、Mac OSを起動して、もう一つメモリテストをしました。
Prime95」というものです。
これは、CPUとメモリに負荷をかけて、エラーが出ないかとテストするソフトウェアです。
最後までテストを実行するには12時間以上もかかりますので、よっぽど時間ある人だけやった方が良いかもしれません。
しかも、CPUは常時100%使用しますので、熱もそれなりに出ます。
使用する際は注意して下さい。

【Prime95】
Prime95 「メモリチェック01」
テスト設定画面。メニューから「Options → Torture Test…」を選択して「Blend」にチェック。「Number of torture test threads to run:」の項目にてスレッド数を指定して実行します。

【Prime95】
Prime95 「メモリチェック02」
実行画面。ログが表示されるだけです。

 Prime95を実行しましたが、あまりテストやる時間が無かったので、結局1時間半くらい実行して終了しました。
特に落ちたり、エラーなどは出ませんでした。
メモリエラーがあると、ログ画面にその有無が出てくるらしいです。
また、CPUとかの熱処理に不具合があると、Prime95やOS自体が落ちてしまう事があるらしいです。

さて、メモリテストも終了しましたので、Mac OS上で再確認してみましょう。

【このMacについて】
換装後 「このMacについて」
メモリ部分が24GBになりました。

【システムプロファイラ】
換装後 「システムプロファイラ」
4GB、1066MHz、ECCは無効と認識されています。

 さて、長くなりましたが、以上でメモリ増設レビューの終了です。
今のところ動作に問題ありませんし、良い買い物だったなぁと思いましたね。
メモリ価格は日々変動しているようなので、安い時を見計らって買ってみてはどうでしょう?

マウスパッド買ってみた

いま使っているPCデスクなんですが、何もひかずマウス使っているんですよねぇ。
でも、この前PCデスクを掃除したら、見えない手垢とか誇りとかが、たくさんついているし、そうするとだんだん滑りが悪くなってくるんですよ。

てことで、マウスパッドを買ってみました。
せっかく買うのだったら、一番いいのを頼む!
調べてみたら、Steelseriesというメーカーが良いとか。
その中で、今回は厚みがあって、マウスを大きく動かしても大丈夫なように少し大きめな製品Steelseries Qck massというのを購入してみました。

マウスパッドの選ぶ特徴は、大きさ、厚さ、材質などが主なようです。
今回購入したSteelseries Qck massは、320 x 270 x 6 mmという少し大きめのタイプです。

まずパッケージ。

SteelSeries Qck 「パッケージ」

続いて開封して広げてみたところ。

SteelSeries Qck 「全体」

厚さは結構あって6mm。その他にも2mmや4mmタイプもあるようです。
自分は、手をおいたときにクッションになるように厚いタイプを選びました。

SteelSeries Qck 「アップ」

っで、PCの前に設置してみました。
結構大きいので、PCデスクの端ギリギリになってしまいましたね。

SteelSeries Qck 「PCの前に設置」

という事で、一日使ってみた感想。
まだ出したばかりで、ピタっとデスクにはくっついてないんですが、滑りは少し弱いかな。
でも、その分、細かい動きが出来るようになりました。
自分はマウスの速度を結構早めにしているので、細かい選択とかするときに、時間がかかりやすかったんですよね。
それが、かなりやりやすくなりました。
例えば、半角文字の間にカーソルを持っていく作業とか、ピタっとすぐいきます。

マウスとキーボードは、毎日使うものですからね、自分にあった良いものを、みなさんも揃えてみてはいかがでしょう?

PSP配信環境調べ

モンハン昨夜から始めたんですが、村クエはとりあえず☆1は終了。
説明書見ないでもチュートリアルっぽく進めれる変わらない所は、良くも悪くもモンハンで安心しました。

PS3のアドホックパーティーも一回やってみましたが、なかなか手軽で面白かったですね。
チャットも手軽だし、チャット無くても音声でリアクション出来たり。
にしても、ロビーが人多いため、殆ど埋まっていたのが、さすが大人気だなと感じましたねぇ。

さて、肝心の配信環境なんですが、色々調べてみました。
で、大まかに2通りあるらしい。

・「PSPコンポーネントケーブル」から直接キャプチャーカードへ
・「HDMI UpScaler LKV8000」でHDMI変換(アップスケール)してキャプチャーカードへ

この2通りらしい。

まず「PSPコンポーネントケーブル」を使用する場合。

PSP Component Cableの画像です。

これは純正のケーブルを使って、PSPから映像をコンポーネントケーブルで出力します。
価格は約2800円。

出力解像度は「480i(インターレース)」か「480p(プログレッシブ)」の2通り。
で、わいが持っているキャプチャーカードの「Intensity Pro」は「480i」にしか対応していないんですね。

ここで結構問題が起きてくるらしい。
キャプチャソフトウェアによっては映像遅延や乱れがあったり、音声遅延があったりと、あまり安定していない様子。
それと、PSP側には映像が映らないので、PC画面を見ながら操作をしなくてはならないようです。
という事は、遅延があった場合は、かなり大変な状況になりそう。

そして「HDMI UpScaler LKV8000」を使用する場合。

HDMI UpScaler LKV8000の画像です。

これはPSPの映像を、1280 x 720にアップスケールしてHDMIで映像を出力するというもの。
価格は約7000円。
これだとIntensity Proに、PS3やXbox360と同じ設定でキャプチャー出来ます。
ただし、一点問題があるようです。
音声にノイズがかなりのるみたい。
HDMIからの音声に問題あるようなので、別途音声を出力してキャプチャー出来れば問題ないようだけど、結構手間ですね。

とまぁ、それぞれ一長一短があるので、どちらにしようか悩み中。
まずは「PSPコンポーネントケーブル」で様子を見て、ダメそうだったら「HDMI UpScaler LKV8000」を買うしかないかなぁ。
ちなみに「HDMI UpScaler LKV8000」は秋葉とかに結構あるらしいので、すぐ手に入れるなら秋葉に出向くしかなさそうですね。

週末の配信には間に合うかは微妙だけど、安定した環境が作れたらワンチャン配信してみたいと思います。

新ディスプレイ購入

最近、ニコ生やるようになってから、PCのディスプレイが狭く感じ始めてきました。
ニコ生やるだけで、
・ブラウザ(ニコ生、Ustream)
・アマレコ(キャプチャーソフト)
・Flash Media Live Encoder(配信ソフトウェア)
・棒読みちゃん(コメント読み上げ)
・コメントビューアー(コメント取得)
・Skype(ボイチャ)

これらを一つの画面では、もう狭く狭くて。
てことで、もう一台ディスプレイを購入しました。

MDT243WG2の画像です。

今使用しているのは、三菱のMDT243WGという24インチのディスプレイなのですが、これの次のモデルMDT243WG2を購入しました。
実は、このシリーズの後継機であるMDT231WGが、つい先日発表されたのですが、やはり新モデルって事もあって実売11万円くらいするという・・・。
さすがに高すぎなんですよねぇ。
でも新型は、遅延低減機能とか、ディスプレイ回転機能、パネルの一新とか、かなり魅力的なものなので、正直迷ったんですが今年は色々お金使いすぎたので、旧モデルであるMDT243WG2を購入したというわけです。

休日価格って事で、5万円で買えました。
いつもだったら、7万円近くしているんですがね。
量販店とかだともっと高いはず。

しかもMDT231WGに無い部分として、解像度が1920 x 1200あるって所。
MDT231WGは1920 x 1080、いわゆるフルHDってやつです。
最近の液晶ディスプレイは、このフルHDに移行しているようで、1920 x 1200は少なくなるみたいです。
縦の解像度が少しでも多ければ、それだけ広々使えますからね。

という事で、二つのディスプレイで広々配信環境をやっていくぜぇ〜。
動画編集も広々出来るしね。

その前に、机の上を片付けないとディスプレイがのらない件・・・。

MacBook Air到着

MacBook Air Late 2010の画像です。一枚目。

ようやく到着したーーーー!!
てことで、先週に頼んだ、新MacBook Air到着しました。

う~む。
この薄さ、そして軽快な動作、たまりませんなぁ。
これからサブのPCとして、活躍してもらうっぜ。

まずはセットアップ中ですね。
メール環境とか、Twitterとか、フリーウェア関係とかとか。
色々入れないと。

MacBook Air Late 2010の画像です。二枚目。

11インチを買ったから、A4サイズの雑誌が入るようなカバンに、すっぽり入る所が良いですねぇ。
いつも使っているカバンに入れて、会社に持って行けます。
これで通勤時間とかの暇つぶしとかに使えそう。

後は、動画制作のアイデア練る時とか、外にいても出来ますな。
外にいてもPCに縛られる、まさにPC中毒状態w
もうPC、そしてネット無しでは生きていられない身体になってしまったのね・・・w

にしても、新しいPCの独特の匂いって良いですよねぇ。
クンカクンカ。これは癖になるっぜ。

後は、カバンに素で入れると傷が付きやすいので、インナーケースくらいは欲しいかなぁ。
今度探してみよう。