カテゴリー : PC

大関の自作PCへの道!マザーボード編

自作PCへの道、今回は「マザーボード」です。

マザーボードは、まさにPCの中心となりうるパーツで、CPUやメモリ、ビデオカード、HDDなど、PCに関わるあらゆるパーツを接続して管理するものです。
その役割から、かなり重要なパーツであります。

マザーボード選びで重要なポイントは以下になります。

 1. 安定性
 2. 拡張性

ケースの時と似ていますが、役割がちょっと違うので、それぞれ解説していきます。

1. 安定性
マザーボードとしての安定性とは、多くのパーツを扱う際に必要な電源の管理や、マザーボードに付属しているパーツの質にあります。
具体的には、電荷を蓄えたり放出したりするのに使用する「コンデンサー」の質により、電源負荷が上がった場合の安定性に違いが出てきます。
また、ネットワークを管理するパーツ(NIC)や、オーディオを管理するパーツの種類により、それぞれの質が変わります。

2. 拡張性
マザーボードには、いくつか接続出来るパーツがあります。
 ・CPU
 ・メモリ
 ・ビデオカード
 ・HDD
これらのパーツをいくつ付けられるかは、マザーボードの種類によって違います。
CPUが2個載るものもあれば、ビデオカードを4つも搭載出来るものもあったりします。
また、将来的に発売されるパーツに、ファームウェアでマザーボードを更新する事により対応出来るタイプもあります。
同メーカーからも複数のマザーボードが発売されていますので、これらの機能の違いを把握して、どのモデルを買うか決める事になります。

では、スペックを確認しながら、今回購入予定のマザーボードを決めて行きましょう。
色々調べて、今回購入を検討しているのは、以下の2点です。

 ・Fatal1ty Z77 Professional(ASRock)
 ・P8Z77-V PRO(ASUS)

当初はMSI製品を検討していたのですが、将来性と安定性を考えてASUSに変更しました。
ケースと同じく、せっかくなので各メーカーのなかでも良いものを選びました。
それでは、スペック別に解説をしていきたいと思います。

◯チップセット
チップセットは、CPUやメモリ、ビデオカードなど、それぞれのパーツを繋ぐ役割をする、複数の集積回路の事を言います。
今回のマザーボードは、全てIntelの「Z77」のチップセットに対応しています。
このZ77は、IvyBridgeというIntelのCPUに対応しているチップセットになります。
このIvyBridgeに対応しているチップセットは以下になります。
 ・Z77
 ・H77
 ・B75
各チップセットは、大きくは変わりありませんが、以下のように違いがあります。

 ▼Z77
   ・CPUオーバークロック
   ・PCI Express ・・・ 「1×16」or「2×8」or「1×8+2×4」
   ・最大USBポート ・・・ 14
   ・SATAポート(Max 6Gb/s) ・・・ 6(2)
 ▼H77
   ・PCI Express ・・・ 「1×16」
   ・最大USBポート ・・・ 14
   ・SATAポート(Max 6Gb/s) ・・・ 6(2)
 ▼B75
   ・PCI Express ・・・ 「1×16」
   ・最大USBポート ・・・ 12
   ・SATAポート(Max 6Gb/s) ・・・ 6(1)

CPUをオーバークロックしたり、最高のパフォーマンスを得たい場合はZ77を選ぶと良いでしょう。

◯フォームファクタ
これはマザーボードのサイズの規格です。
「ATX」を標準として、それより小さい「Micro-ATX」や「Mini-ATX」などがあります。
この種類によりケースの大きさを考える必要がありますが、殆どのケースはATXには対応しているので問題無いと思います。

◯VRM
VRMは「Voltage Regulator Module」の略称で、家庭用電源から来た電流をCPUに合った電圧に変換するパーツです。
CPUは動作によって消費電力が変更されるので、電流量が随時変化します。
その電流量が変化しても電圧を一定にする必要があり、その時に使用されるのがVRMパーツとなります。
基本的には、このパーツの数が多ければ多い程、一つあたりに対する負荷が分散されて安定性が増します。
「Fatal1ty Z77 Professional」は、「16個 + 8個」という構成で、計24個も積んでいます。
「P8Z77-V PRO」は、「12個 + 4個 + 2個」の計18個を積んでいます。
「Fatal1ty Z77 Professional」の方が個数が多いので、安定性はあるのかもしれませんね。

◯PCI Express(PCI)
PCI Expressは、主にビデオカードやキャプチャカードを拡張するのに使用する端子です。
また一つ古い規格のPCIは、オーディオ製品や一部のキャプチャカードに今も使用されたりしています。
この数が多ければ多いほど、拡張カードを増やせます。

PCI Expressには「レーン」という概念があります。
レーンには以下のような種類があります。
 ・ x 16
 ・ x 8
 ・ x 4
 ・ x 1
このレーン数はフレキシブルに扱う事ができて、合計のレーン数によって使用数をいろいろ振り分ける事が出来ます。

例えば26レーン数が上限のものがあったとします
以下のようなパターンで振り分ける事が出来ます。
 ・ x16 x8 x1 x1
 ・ x16 x4 x4 x1(余り1)
 ・ x8 x8 x8 x1(余り1)
マザーボードには分かりやすいように「x16」などの表記が書いています。
ビデオカードなどは主に「x16」に接続することになります。
キャプチャカードは「x1」に接続するタイプが多いようです。
また、互換性がありますので、「x16」の端子に、「x1」対応の拡張カードを接続する事も可能です。

ただ、最近のビデオカードは「x16」端子に接続しても、カードの大きさから隣り合っている端子に干渉する場合が多いです。
多くは2スロット使用してしまうものが多いので、端子数が多いからと言って、同じ数の拡張カードを接続出来るとは限りません。
それを考慮して、マザーボードによっては、「x16」の付近には十分なスペースを取ったタイプもあります。

今回選んだマザーボードには、十分なレーン数とスペースが確保されていますので、ビデオカードを二つ搭載する事も可能となっています。
たぶん実際はそこまで使用しないかもしれませんが、将来的にするかもという事で、選んでいます。

◯NIC
NICは「Network Interface Card」の略称で、要はネットワークカードの事です。
インターネットや、LANを組んだ場合に使用される端子です。
このパーツで有名なのが、「Broadcom」と「Intel」です。
評判的にはIntelの方が良いようですね。
今回のマザーボードでは、「Fatal1ty Z77 Professional」は「Broadcom」で、「P8Z77-V PRO」が「Intel」となっています。
個人的にはIntelを選択したいですね。

◯Audio
主に音声を扱うパーツです。
マイクやヘッドフォンなどを管理しますが、所詮はマザーボードに付属しているものなので、そこまで良いものではありません。
それでも良いマザーボードには、5.1chなどのサラウンド機能が付いているものもあります。
本格的に音質にこだわりたい場合は、サウンドカードを別途購入した方が良いでしょう。

◯SATA
主にHDD、もしくは光学ドライブを接続する端子です。
この端子数が多ければ、多くのHDDを接続する事が出来ます。
SATAには「6Gb/s」と「3Gb/s」があり、それぞれ「600MB/s」と「300MB/s」の実行速度を持っています。
ただし、HDDの転送速度が単体ではそこまで出ないので、通常の使用の場合は3Gb/sでも問題ありません。
また、6Gb/sの端子に3Gb/s対応のドライブを接続しても互換性があります。

eSATAは、「External Serial ATA」の略称で、SATAを外付けとして使用する場合に接続する端子です。
ただ、通常のSATAのケーブルなどは使用出来ないので、注意が必要です。
USBなどに比べて転送速度が高いので、HDDのパフォーマンスを十分に発揮する事が出来ます。
「Fatal1ty Z77 Professional」はeSATAが1つ付いていますが、「P8Z77-V PRO」は付いていません。

◯USB
マウスやキーボードなどの周辺機器を接続するのがUSBです。
USBには「2.0」と「3.0」があり、それぞれ「60MB/s」と「625MB/s」の実行速度を持っています。
USB3.0になって、SATA(6Gb/s)に迫る転送速度を実現し、外付けHDDの高速化を実現しました。

※パーツ購入検討表は、最新の記事にて公開しています。

大関の自作PCへの道!ケース編

自作PCへの道、今回は「ケース」の焦点を絞って解説していきたいと思います。

ケースは、文字とおり、自作PCに必要な各パーツを収める箱になっています。
ただ、パーツを入れるだけなら、どんな箱でも良いのですが、ケースの役割は以下の3点が重要になってきます。

 1. 拡張性
 2. クーリングシステム
 3. 安定性

それぞれ、ざっと解説していきます。

1. 拡張性
拡張性とは、「パーツをどれだけ増設出来るか」という事になります。
主には、「HDD」や「光学ドライブ」がメインとなります。
その他にも、メモリやメディアスロットなどがありますが、マザーボードに依存するものも多いので、ケースとは別の扱いとします。

2. クーリングシステム
クーリングシステムは、各パーツから発せられる「熱」を、ファンなどを使って冷やすシステムの事です。
ケース内から出る熱は、ケース外から冷たい風を吸って、ケース内を通り熱を吸収し、ケース外に吐き出されます。
この空気の流れを作るのに重要なのが「ファン」であって、どの位置に、そしてどの大きさのなどで変わってきます。
これがケースによって、場所が変更されるので非常に重要になってきます。

3. 安定性
ケースにとっての安定性とは、クーリングシステムによる長時間稼働の安定性も含まれますが、重量や、ケースの作りによる耐久性も含まれます。
ケースの材質が軽いものや薄い厚さだと、内部のパーツの振動とかにより共鳴して、騒音が出てしまう事があります。
ただ、重くて大きければ良いというわけでもありません。
設置場所や、取り回しの必要性もありますので、バランスを考える必要もあります。

では、実際のスペックを解説しながら、今回購入を検討しているケースを見て行きましょう。
今回購入を検討しているのは、以下の2点です。

 ・COSMOS II RC-1200-KKN1(以下COSMOS2)
 ・HAF X RC-942-KKN1(以下HAFX)

共にCooler Masterの製品で、COSMOS2は最上位ケース、HAFXもフルタワーケースとして上位のケースに位置づけられています。
ケースは、パーツの世代が変更しても、ケース自体は変わらず使い続けられるので、せっかくなら良いものをと、この二つを選びました。
それではスペック別に解説をしていきたいと思います。

◯サイズ
ケースのサイズは大きく分けて3つ分けられます。
 ・ミニタワー
 ・ミドルタワー
 ・フルタワー
文字とおり、サイズが大きく変わりますが、マザーボードの規格にそっていれば、ミニタワーでも入らないという事はありません。
ファンの数や、拡張性の大きさでサイズが変わるという事です。
今回の二つのケースは、拡張性やファンを多く積んで静音性も重要視したので、共にフルタワーサイズとなっています。

◯重量
ケースは内部にアクセスするためにパネルを開けることが出来ますが、そのパネルの厚さによって、重量が決まったりもします。
パネルやケース自体の厚さがしっかりしたものであれば、早々には歪まないですし、重量もあれば置いた時に安定します。
ただし、重すぎたり、ケースの形状的に横倒し出来ない場合、パーツを設置するのにやりにくい場合もあります。
COSMOS2は横倒ししにくい構造ですし、重量もケースだけで22kgもあります。
普通に持つもの大変ですし、パーツを設置するのも少し苦労がいるかもしれません。
HAFXは10kg近くも軽い、14kgくらいになっています。
形状的にも横倒ししやすそうです。

◯ドライブベイ
ドライブベイは、光学ドライブはHDDを設置するためのスペースの事を言います。
光学ドライブは通常「5.25インチ」、HDDは「3.5インチ」のベイを使用します。
ただ、場合によっては5.25インチのベイにHDDを設置する事も可能です。
このベイの数だけドライブ類が設置出来る事になりますが、接続する端子の数はマザーボードに依存するので、なんでもかんでもたくさん付けれるわけではありません。
っまた、「オープンベイ」と「シャドーベイ」がありますが、オープンベイはケースの外からHDDにアクセス出来るもので、HDDを外から差し込む形で使用出来る感じです。
シャドーベイは、パネルを開いて、内部からHDDを設置する必要があるものです。

◯I/Oパネル
I/Oとは、「Input(入力) / Outoput(出力)」の略で、外部の周辺機器とやりとりする際に使用する端子類が集まる場所です。
主には、USB、IEEE1394、ヘッドホン、マイク、などが多いようです。
一番良く使うのはUSB端子だと思います。
外付けHDD、マイク、キーボード、マウス、キーボード、iPhoneなどとの接続など、USBは汎用性ある端子なので、ここの端子数が多い方が便利だと思います。
ただ、少なくてもUSBハブという製品で、USBの数を増やす事も出来ますので、そこまで心配するものでもありません。

◯拡張スロット
拡張スロットは、マザーボードに接続した周辺機器に繋げるためのスロットです。
主にはマザーボードの「PCI Express端子」、「PCI端子」を使用したものが多いです。
PCI Express端子は、ビデオカードやキャプチャカードなどの多くのデータをやりとりするものに使用されます。
このスロット数が多ければ、より多くの周辺機器を付ける事が出来るわけです。
ただ、一つのビデオカードで3スロット占有するものもあったりするので、スロットの数だけ周辺機器が付けられるわけではないので、注意して下さい。

◯クーリングシステム
主に、標準で付属しているファンと、追加(オプション)で付ける事が出来るファンの情報です。
ファンには、「直径」と「厚み」などのサイズで決められているものが殆どです。
オプションで追加する場合は、このサイズを参考にします。
ケースの種類によって、このファンの数と、取り付けられる場所、サイズなどが決まります。
ファンの数が変われば、どれだけケース内を冷やせるかというのも変わるわけです。
また、空冷ファンに変わって、水冷のクーリングシステムを取り付けられるものもあります。
その場合は空冷よりもスペースが必要になるので、ケースサイズを考えて導入しなければなりません。

◯電源
ケースによっては標準で付属しているものもあります。
殆どのケースは、決められた電源規格を搭載出来るので、通常で付属しているか、していないかを確認する程度で良いでしょう。

◯その他
「CPUクーラーの高さ」とは、CPUクーラーを取り替えた場合に参考になるサイズです。
CPUクーラーも大きさが様々なものがありますので、ケースの幅と干渉しないサイズを選ぶ必要があります。
その際に、参考になるサイズになります。
同様に「ビデオカードの長さ」も、ケースの奥行きで長いビデオカードを搭載出来ないものもあります。
ビデオカードを購入する際は、確認しておくサイズです。

※パーツ購入検討表は、最新の記事にて公開しています。

大関の自作PCへの道!構想編

さて、また久しぶりの更新になってしまいました。
というのも、ここずっと自作PCを組みたくなって、夜な夜な調べていたからです。

だいぶ構想が固まってきたので、整理がてら、これからシリーズとして自作PCを組むまでの記事を作っていこうと思います。
題して「大関の自作PCへの道!」ですな。

さて、まずは構想編という事で、今回自作PC組む事になった目的などをお話しましょう。

現在のメインPCの環境は、Blogにも記載されていますがMac Proを使用しています。
そしてBoot Campを使用してWindowsを起動して併用しています。
用途は、ネットやファイル管理、動画編集などはMacで。
生放送配信はWindowsで行なっています。

2009年に購入した、このMac Proも、まだまだ使えるんですが、いろいろ不満が出てきたりもし始めました。

主な理由は、生放送の配信をもっと突き詰めたいという事です。
これは、画質向上やUstreamなどの同時配信をもっと快適にしたくて、現状のスペックだときつくなってきました。
また、PCゲームを配信する場合の負荷が高くて、これまたきつくなってきました。
特にPCゲームは、Mac Proに付属しているビデオカードが貧弱なのもあって、どうしようも無い状況です。

もう一個は、MacとWindowsを同時使用したくもなってきたという事です。
Boot Campだと片方しか起動出来ないですし、Boot Campで起動したとしても、音声関連での不満がありました。

という感じで、自作PCの勉強も兼ねて、せっかくだからWindows専用機を作ってしまおうと考えたわけです。

さて、下記の表が、いろいろ調べてリストアップした各パーツです。
表は二つあって、一つはコストパフォーマンスをある程度無視して、評判良いパーツを並べたハイスペックモデルです。
高いものにはハズレは少ない理論ですw

もう一つは、コストパフォーマンス重視で、ある程度のスペックに抑えたミドルスペックモデルです。
それでも、普通に使用する分には十分なスペックと思っています。

今回の構想編はこんな感じで終了します。
次回からは、この表の各パーツに注目して解説していきたいと思います。
その際、調べていくうちに、途中でパーツに変更ある場合があります。
なので、全体の構成は、その記事の時点での暫定となるので、ご注意下さい。

※パーツ購入検討表は、最新の記事にて公開しています。

新ヘッドセットレビュー

本日は、先日PC用のヘッドセットを買いましたので、簡単なレビューでも書きたいと思います。

今まで使用していたヘッドセットの「SENNHISER PC131」が突然故障してしまったので、新しいヘッドセットを購入しなくてはならなくなりました。
で、さっそくネットで色々調べて今回は2つの製品を購入しました。

◯Plantronics Audio355
 Plantronics 「Audio355」

まず1つ目は、ヘッドセットメーカーとして有名なPlantronicsから発売されている「Audio355」です。
今回買い換えるにあたって、もうちょっと良い音質と、装着感が良くなるものを探していて見つけたのがこの製品です。

実際に装着してみた感じは、確かにPC131に比べ、ぐっと頭に密着する感じもありますし、耳元も密着性が高いです。
FPSなどでは良い感じで音が聞こえますね。

ただ、長時間の装着には向いていないと思いました。
密着性が高いため、耳の負担が大きく、長時間付けていると耳が痛くなってきます。
それに加え、耳に当てる所の素材が汗を弾きやすいため、非常に蒸れやすいと思います。
夏にかけての季節は、ちょっと辛いかもですね。
 Plantronics 「Audio355拡大」

この製品を使うなら、短時間のプレイで、臨場感を求めるには良いかもしれません。
後は、がっちりした感じで作られているので耐久性も高いと思いました。

◯SENNHISER PC131
 SENNHISER 「PC131」

こちらは、今まで使っていた製品とまったく同じものの、SENNHISERから発売されている「PC131」です。
今まで使い続けていて、特に問題無かったので、保険として同じの買いました。

改めてレビューすると、Audio355で問題となっていた長時間装着した場合の負担は、殆どありません。
かなり緩い装着感なので長時間かけても全然耳元は痛くなりません。
それに、耳元の素材が汗を吸収しやすい素材ですので、蒸れる事もありません。
ただ、その分耐久性があまり無いので、素材が破けていく事もあるので注意です。

とまぁ、簡単なレビューでしたが、参考になれば幸いです。
結局今はメインはPC131にして、故障した時の保険としてAudio355をキープしている状態です。
もっと良いヘッドセットあれば良いんですがねぇ〜。

HDMI分配器修理完了!

え〜、先週から故障していたHDMI分配器、「Trinity製 HDMI Splitter 1:2」がようやく直りました。

結局、原因は電源アダプターの故障だったようです。

今回は、故障してから修理完了までの流れを書きたいと思います。

まず、故障の症状が出始めたのは、新Xbox360を購入した事により、新しいHDMI分配器を購入した時でした。
その分配器が、どうやらPS3と相性が悪く、音が飛び飛びになってしまうため、結局返品したんですよね。
そして、HDMI Splitter 1:2に戻そうとしたら、映像が映らないという症状が出ました。

具体的には、分配器の前面に付いているランプが点滅状態になっていました。
Simplism HDMI Splitter 1:2 「ランプ」

その時に使用していた電源アダプタは以下です。
Simplism HDMI Splitter 1:2 「旧アダプター」

正方形タイプの、台湾製の電源アダプタです。
入力は、100-200VAC、50-60Hz、260mA。
出力は、5V、2A、12VA MAX。
型番は、SW12-050Uです。

故障の症状が出てから、どうも原因が分らなかったので、Trinityの公式サイトからメールにて問い合わせをしました。
現象はランプの点滅という事を伝えて、何を繋げているかも伝えておきました。
翌日、メールの返信が来まして、どうやら電源アダプタの故障が原因で、無償交換をしてくれるとの事でした。
保証期間も過ぎていますし、有償修理かなと思ったんですが、無償交換の対応は嬉しかったですね。
でもこの対応って、もしかしたらこの初期型電源アダプタが、実は初期不良とかあったんじゃないかなぁと思ってしまいますねw
使えているうちは言わないけど、故障問い合わせが来たら交換しますよみたいな。

とにもかくにも、新電源アダプタの送り先を返信して3日くらいで届きました。
それが以下です。
Simplism HDMI Splitter 1:2 「新アダプター」

今回は長方形タイプになりました。
電源ランプも付いています。

仕様部分を拡大したのが以下です。
Simplism HDMI Splitter 1:2 「新アダプター(拡大)」

今回は中国製の電源アダプタでした。
入力は、100-240VAC、50-60Hz、0.8A。
出力は、5V、2A。
型番は、CP0520です。

型番から推測するに、このHDMI分配器のために作られたものじゃないかもしれませんね。
旧型は「SW12」という型番が付いていました。
SW12ってのは、このHDMI分配器の意味と取れるからです。
SWは、「Switcher」。
12は、「1入力、2出力」かなと。

となると新型は、汎用性のある電源アダプタという事ですかね。
まぁ、この手の規格はある程度決まっていますから、電源の入力と出力の容量させ合っていれば問題無いと言えますし。

という事で、新型の電源アダプタを挿し直しましたら、無事動きましたので、生放送も出来そうです。
明日からのレギュラー生放送から再開していこうと思います〜。