カテゴリー : ゲーム

フォルテ会レポート前編

今日は、1月8日(日)に行って来ましたスーパーストリートファイターⅣ AE ver2012のOFF会である「フォルテ会」のレポートをお送りしたいと思います。

主催者は「シバマ」さんで、総勢25人以上のフォルテ会の幹事をされていました。
いろいろ店の手配とか大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

シバマさんのBlogにもフォルテ会のレポートが上がっています。
わいが参加出来なかった部分のレポートもありますし、写真も多いと思いますので、そちらもぜひ見てみてください。

シバマさんBlog:エル・フォルテの「ルチャドールへの道」

フォルテ会自体は、15時頃からのマスク屋巡りから開始していました。
その時点で15名以上参加していたようです。
Twitterを見ていましたら、みなさん色々なマスクを購入していたみたいですね。

わいの方ですが、午後に私用がありましたので、参加は18時からの食事会からになりました。
場所は新宿の「SOL AMIGO」です。
フォルテと言えばメキシコ料理!
てことで、メキシコ料理屋が食事会の舞台となっています。

フォルテ会 「SOL AMIGO」

店付近に到着しましたら、入り口にシバマさんが待機していまして、自分の名前を告げて店に入りました。
店に入った瞬間、異様な光景がすぐ眼の前に!

なんと、マスクを被ったアミーゴ達がちらほらといるではないか!
まさにフォルテ会の洗礼を受けた瞬間でしたw

店自体はそんなに広く無いのですが、フォルテ会の人数が多いので、店の2/3はフォルテ会のメンバーで埋まっていました。

フォルテ会 「会場の雰囲気」

メンバーが全員集まりまして、さっそくフォルテ会の開始です。

まずは飲み物が来るまで歓談していまして、飲み物が全員分来ましたら、幹事であるシバマさんの掛け声で乾杯の合図はもちろん「ビバ!メヒコー!」ですw

その後、一人一人自己紹介タイムがありました。
ハンドルネームやID、どこから来たか、フォルテのどこを好きか、などなどを含めて自己紹介していきました。

わいは、動画を上げていたので知っている方が多かったが幸いでしたw
動画観てるよ!って直に言ってくれたのは嬉しかったですね。

みなさん、地方から来ている方もいましたし、いろいろなフォルテへの思いを持っているのが聞けて楽しかったです。
あ、それと女性の方も数人来ていました。
まさか、女性が来るとは想像していませんでしたが、自己紹介を聞くと、ルチャへの思いとか凄い持っていて、世の中の広さを知りましたよw
この日のために、ルチャのネールアートとかしている方もいらっしゃいましたしw

さて、料理はコースで出て来まして、チョリソやワカモーレ、トルティーヤ、ケサディーヤなどなど、フォルテの技名にちなんだ料理が続々と出てきました。

フォルテ会 「料理1」

フォルテ会 「料理2」

どれもピリ辛な感じで、ドリンクが進んで美味しかったですねぇ。

食事会も中盤を過ぎて、席替えタイムです。
シバマさんが、半分半分で席替えして、話していなかった人と話すようにしてくれました。
感謝感謝。

話も進み、いよいよ最後の最後で出てきた最終兵器の料理がありました。
それがアバネロスープ!!
フォルテの技の中でも基本となるのはアバネロダッシュですが、まさにメキシコ料理の基本とも言えるアバネロが使われたスープです。

フォルテ会 「料理3」

具は、トウモロコシと挽肉とシンプルな内容ですが、一口飲んだ後、ジワジワと辛さが体中を駆け巡りました!
この液体に触れた、口唇、舌、喉、胃のすべてが痺れるような辛さに、みんな悶絶しておりましたw
もう二口目はいけないし、飲み物の注文が後を絶ちませんでした。

強いお酒を飲んでいた人も、一気に酔いが覚めたらしいです。
恐るべしアバネロスープです。

さて、料理もすべて出てきて、2時間制の食事会も時間切れとなってしまいました。
この後は、アーケードのスーパーストリートファイターIV AE ver2012の対戦会に向かいます。

向かうは猛者達が集う、新宿CLUBセガです。

それでは、長くなってきましたので、この話しの続きは次回の後編でお話したいと思います。

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス レビュー

久しぶりの更新になりましたが、ようやく生放送も復帰しまして、この前レギュラー放送以外では、初めて違うゲームをクリアしました。
それが「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」です。

今回は、そのレビューを書きたいと思います。

◯シナリオ
 基本的には前作までの世界観を引き継ぎつつ、さらに主人公ネイトンの過去を振り返っていきます。
古代都市や、中東やヨーロッパの街並みなど、まさにインディ・ジョーンズみたいな世界観です。
そういう世界観を題材にしたゲームって結構少ないので、それだけで引き込まれる要素になりますね。

そして、謎解き要素がまたマッチするんです。
ギミックを動かしたり、パズルみたいなものなど。
ただ、前作に比べて、ちょっと量が少なかったかなぁという印象。
難易度自体も、もう少し考えさせても良いかも。
少ないなら難しく、多いなら少し簡単めのやつをとか。

◯アクション
 このゲーム定番のハラハラドキドキさせるアクションは必見。
壁をよじ登ったり、その壁がいきなり崩れたり、いつ何が起きるか分からない所はプレイの緊張感を保っています。
そして一番の見せ場が、ゲーム後半にある空中戦。
これは一番印象に残りましたね。
浮遊感と美麗なグラフィックもあって、本当にダイビングしているような感覚でした。
まぁ、ただ飛行機に乗った段階で、嫌な予感しかしなかったので、何か一捻り欲しかったというのが本音でしょうか。
定番の映画っぽいって言ったら安心なんですが、少し捻りの部分があると、また違った印象になったかもしれません。

格闘・銃撃シーンは、こちらは簡単な部類でしょう。
難易度上級から始めましたが、一部難しい所もありましたが、殆ど長い時間は躓かなかったのでストレスは特に無かったです。
ここらへんのバランスはさすがですね。
後半の方は、タイミングに合わせてボタンを押す部分がシビアになるのも良い感じでした。

◯やり込み要素
 キャンペーンに関しては、最初は難易度上級までしか選べません。
上級をクリアすると、プロという難易度が登場し、最高難易度に挑戦出来ます。
上級でも、敵からの攻撃を受けた時に回復がかなり遅いのですが、プロだと相当回復遅いと思われるので、かなりの苦戦が予想されます。
やりがいある難易度調整かなと思います。

キャンペーン中にはお宝の収集品があります。
道中に隠されているもので、その数も結構あります。
まぁ自力で見つけるのは結構難しいのもありますので、そこはネットで情報収集しながら見つけることになりそうです。

マルチプレイに関しては、対戦、そして協力の2つがあります。
対戦では武器やキャラのカスタマイズ、協力では特別なシナリオのもと次々出てくる敵を倒していきます。

キャンペーン自体は、クリアだけだと10時間もかからないと思いますが、マルチプレイを含めると、数十、数百時間のプレイが出来ると思います。
まぁ、自分はそこまでやり込む事はしないと思うので、キャンペーンのプロ難易度クリアと、協力を少しやるくらいになりそうです。

◯総評
 PS3の大作として安定した面白さがあるゲームです。
それに価格も地味に定価5980円と安い。
コストパフォーマンスは抜群に良いのではないでしょうか。
そして気づきにくいですが、BGMも良いんですよね。
壮大なテーマ曲は、冒険の楽しさを後押ししてくれます。
また、日本語吹き替えが最高に合っている!
各キャラの独特な言い回し、そして日本語として聞いても面白いジョークなど、洋ゲーの中ではトップクラスの日本語吹き替えゲームとなっていると思います。

グラフィックは間違いなく一流。
物量、そして広大な世界、街並み、砂や炎の表現。
ゲーム中、色々な所を観るのも楽しみになります。
さながら観光気分も出来ますね。

毎回グラフィック能力も上がっていっていますが、PS3の限界まで引き出しとと言われている今作です。
PS3持っているなら、このグラフィックと世界観は堪能しないと勿体無いと思いますよ!
ぜひ購入をオススメします。

PS3修理のやりとり

実は、先週くらいにPS3(初期型60GBモデル)が故障しました。
電源入れても映像がまったく映らない状態になってしまって、セーフモードの起動でも何も映らない状態です。

※セーフモード
  PS3を必要最低限の状態で起動する。手順は以下。
   1.電源ボタン長押し(5秒後にピッっという音)
   2.そのまま押し続け電源を切る(10秒後にピッという音)
   3.もう一度電源ボタンを押し続ける(5秒後にピッという音)
   4.次の音が鳴るまで押し続ける(7秒後にピピっという音)
   5.これでセーフモードに入ります

公式サイトとかで見てみると、だいたいセーフモードとかに入れないと、どうやらHDDの故障か、マザーボードの故障が原因らしい。
そして、どっちの場合にも「HDDを初期化しなければならない」という事。

HDDを初期化するという事は、設定やセーブデータはもちろん、torneで録画した番組も無くなってしまいます。
torneは、外付けHDDに番組を入れていたとしても、それぞれ違うPS3として認識されコピーガードが働き、外付けHDDを初期化しなくてはなりません。

PS3には、新旧のPS3からデータを移す場合に使用する「データ移行ツール」がありますが、それもPS3が起動している事が前提です。
起動しなければ問答無用の全データ消去という事に。

今回、自分はそのパターンなので、全データ消える事になりました・・・。

それでは、PS3修理にあたっての流れを、自分の経験からご説明しましょう。

1. 現象を確認して問い合わせる
まずは、どういう症状が出たか問い合わせてみましょう。
それによって修理に出さなくても治る場合もあります。
問い合わせ方法は「電話(インフォメーションセンター)」と「メール」があります。
以下に書いておきます。
 電話:0570-000-929(10:00 ~ 18:00)
 メール:http://jp-playstation.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/11810

2. 修理依頼をする
症状から修理するしか無いと判断された場合は、修理依頼をします。
依頼をする方法は3つ。
 ・オンライン修理受付サービス
 ・インフォメーションセンターに電話
 ・直接PS3をプレイステーションクリニックに送る

ちなみに自分の場合は、オンラインにて依頼をしました。

オンラインの場合は、オンライン修理受付サービスのフォームから依頼します。
インフォメーションセンターは、1で記載しました電話番号から依頼します。
直接プレイステーションクリニックに送る場合は、以下のリンクの住所に着払いで送ります。
「プレイステーションクリニック送り先」

3. PS3を送る
宅配業者が家まで引取りに来ますので、PS3の箱に入れて送ります。
PS3の箱に、さらに箱に入れて梱包した方が安全かと思います。
自分の場合は、梱包する箱が無かったのと時間が無かったので、PS3の箱のままで引き取ってもらいました。

4. 修理内容の電話がかかってくる
オンラインで依頼した際に記載した電話番号に修理内容の電話がかかってきました。
だいたい送ってから1週間後くらいです。
今回は、話した内容をまとめて記載したいと思います。

・故障箇所はマザーボード(基板)
・修理方法は2パターン、マザーボード交換、もしくは新PS3に交換(ただしHDDはそのまま)
・どちらの場合もHDDの初期化は必要、torneも含むすべてのデータは復旧不可
・修理料金は、マザーボード交換の場合12,600円、新PS3に交換は16,800円

とりあえず、ここまで電話応対してくれたオペレーターの話しを聞きました。
その後、こちらからいくつか質問をしてみました。

Q.マザーボードの故障箇所のみだけで修理は出来ないのか?
A.故障箇所のみの修理は、非常に精密な箇所(電源周り)のため、膨大な時間と料金がかかります。

Q.新PS3交換のパターンを用意したのは何故か?
 (ネット情報では、初期型にはマザーボードへの排熱問題があるという噂があったから聞いて見ました)
A.初期型マザーボードはパーツ不足のため、違う交換方法も用意しました。
 (まぁ、不具合があったとは言えないですよね。)

Q.修理後の再保証期間は?
A.マザーボード交換の場合は90日、新PS3の場合は1年になります。
 (プラス4,200円で9ヶ月も保証期間が違うという・・・)

Q.初期型PS3と、交換対象の新PS3は何が違う?
A.
 ・PS2のゲームが出来無い
 ・USBポートが、4つから2つに
 ・メディアスロット(SD・CF・メモリースティック)が無い
 ・PlayStationマークが、部品から印字に
 ・前面電源ボタンとイジェクトボタンが、接触式から物理式に
 ・背面の電源ボタンが無い
 ・スリム化されている
 ・表面の素材が、光沢からマットな質感へ

(個人的にtorneでUSBポート2つ、通常コントローラーで1つ、アケコンで1つ使っているので、USBポート数が必要だったので新PS3交換は選択しませんでした。ただ、新PS3でもUSBハブ使えばUSBポートは増やせます。)

Q.この電話での依頼後、どれくらいで届く?
A.約1週間です。

5. 修理されたPS3が家に届く
宅配業者から修理されたPS3が届きます。
家に届きましたら、ドライバーさんに修理代金を払います。
今回はマザーボード交換を選びましたので、12,600円を払いました。

だいたい、オンラインで修理依頼してから到着まで2週間くらいでしたね。
電話応対してからは思ったより早かったです。
1週間かかっていませんでした。

以上で、PS3修理のやりとりの全容でした。
先日ようやく通常の状態に復旧しました。
HDD初期化して、再設定、torneも初期化したり。
フレンドリストとか、トロフィーはオンライン上にあるので残っているのですが、セーブデータが全部消えてしまったのが悲しいですw
スパⅣとか、途中まで進めていたL.A.ノワールとか・・・。

ま、しょうがないって事で、心機一転これからも使い続けようと思います〜。

Gears of War 3 レビュー

お久しぶりの更新になってしまいましたが、今日は最近プレイしている「Gears of War 3」のレビューをしたいと思います。
ひと通りのモードはクリアしましたので、全般に渡ってレビューしていきます。

◯シナリオ(ストーリーモード)
 過去2作から続いていたシナリオが一応完結という形になります。
今回は、主人公であるマーカス、相方のドム、そして同じデルタ部隊に所属するコールに焦点を当てて、COG軍(人間)と地底人(ローカスト)、ランベント(ローカストが変異)の闘いを描いていきます。

 とにかく、各キャラクターは悲しい事を背負っていく感じになるので、重い雰囲気が続く事もあります。
それによって、感動する場面は、より感情移入する事間違いなし。
前2作やっている人は、何となく分かる展開かもしれませんが、それがお約束って感じになる場面もあれば、裏切られる場面もあります。

 ゲーム的な部分は、2でブルマックやリーバーという大型の乗り物に乗れたりして、かなり進化した感がありましたが、3では乗り物は出てきますが、そこまでダイナミックな乗り物はありませんでした。
そこは残念だったのですが、その代わりジープでハイスピードなアクションシーンがプレイ出来たりと、瞬間的なプレイを求められる内容になっていて良かった部分もありました。

 難易度はかなり上がっています。
最高難易度のインセインは、通常でやったらまず間違いなくクリア不可でしょう。
その代わり、アーケードモードというスコアアタックを兼ねたストーリモードがあります。
それは死んでも30秒で復活出来るので、誰かが生きていればクリアは出来ていきます。
難しいものを用意しつつ、クリア出来る条件も用意しておくってのは上手い手法だと思いますね。

◯対戦
 前作もあまり対戦はやらなかったのですが、今作は初心者でもやりやすくなっていると思います。
まず武器に関しては、狙いが上手く無い人でも、近くである程度狙って打てば確実に倒せる「ソードオフ・ショットガン」が出て来まして、敷居が下がっています。
そして、マッチ方式も「クイック」と「ランクマッチ」があって、クイックは今行われている対戦に乱入するという形が出来るので、すぐ対戦を始めたり、抜けたりも出来ます。
気楽に出来るってのは良いですね。

 ルールに関しては、チームデスマッチが復活。
上手くない人が多く倒されても、チームで勝てば良いというルールは、これまた敷居が下がって良いと思います。
同じ用なルールで、キングオブザヒルという陣取り合戦もあります。
これもいくら倒されても、陣取ったチームが勝ちというものなので、何回も対戦して徐々に相手を倒すのが上手くなっていく事も出来ます。
上手い人用には、一回倒されたら復活出来ないルールも別途あるので、こちらも安心ですね。

 ただ、対戦は人口が偏ったりしているルールもあるので、人が極端に少ない事もあるのは残念ですね。
また、パーティーを組んで対戦をし続けている場合もあり、強さの配分が偏るチーム編成があったりするのも、初心者が対戦に来るのを遠ざけている理由だと思います。
チーム分けをランダムにしたりと、もう少し細かい配慮が必要かもしれません。

◯Horde
 今作で大幅に変更されたモードです。
前作は、難易度を上げると極端に自チームが弱くて辛い闘いが続いていたのですが、罠や機関銃などの設置物を駆使する事が出来るようになったので、上手く使用すれば有利に進められるようになりました。
また、敵を倒すことによって、お金のようなものも得られるという報酬制度が出ましたので、ただ倒すだけでなく、しっかり働いた分、見返りがあるようになったのは良いと思います。

 悪い点で言えば、こちらもインセインとかの高難易度にすると、極端に難しくなるという事です。
特に10ウェーブ毎に出てくるボスキャラは、何が出てくるかによって難しさが変わるので、運ゲーの要素が強くなってしまいました。
また、プレイ時間が非常に長くなりました。
設置物の設置時間、ボス登場による撃破時間の増加で、1~50のウェーブがスムーズにいっても2時間半~3時間はざらです。
苦戦が続くと5時間以上かかる場合も。
なかなか平日に気楽に出来る時間じゃないのは残念ですね。
それでも、前作より協力要素が強くなったので、今回最も長くプレイ出来るモードだと思いました。

◯Beast
 新たに追加されたモードです。
Hordeと対する、ローカストを操作してCOG軍を倒していきます。
COG軍は、どのキャラで動かしても基本動かし方は一緒なので、ローカストを動かすのは凄い新鮮でした。
それぞれのキャラに癖のある攻撃方法があるので、他のキャラクターとの連携も求められる絶妙のバランスで出てきています。

 Hordeと同じくウェーブ制となっていますが、こちらは12ウェーブまで。
スムーズにいけば30分~40分程度で終わり、ちょっとしたフレの待ち時間とかにもプレイ出来たりします。
しかも結構ストレス発散になるので、BeastとHordeだけをやり続けても十分楽しめる価値があるくらいです。

 欲を言えば、もうちょっと難しくなるような要素があっても良かったかな。
プライベートだけでも良いから。
ウェーブ数を増やすとか、COG軍が全員シルバーバック(ロボットなようなもの)を乗っているとか、結構いろいろ壊しても、面白いモードだと思いました。

◯実績・収集関係
 前作もそうでしたが、とにかく実績関係は時間がかかります。
ストーリモードに関わるものでも、ストーリモードを10回以上クリアしないと取れないようなものもあるんじゃないでしょうか。

 さらに対戦の各ルール別、HordeやBeastなどの各モード別や、武器別、レベル、敵の倒し方などなど、多くの条件で収集品が手に入るので、それを全てこなしていくだけでも1~2年かかるんじゃないかなw
それら収集品を取ると、ストーリモードやHordeで、楽になるようなものも取れたりするので、クリアするためにやる気になるのは上手い方法だと思いましたね。
わいも、そのために日々プレイしていますしw

◯総合
 Xbox360一番の大作と言っても良いこのゲームやらずにXbox360持つ意味無し!
と言い切れるほど、買って損は無いですね。
前作未プレイの人も、いまは1と2のセット販売も出ていますので、やってみてはどうでしょう?
わいも長くやり続けるつもりなので、ぜひ一緒にプレイお待ちしておりますよ!
高難易度に苦戦しながら、感動の朝を向かえれるように、お互い頑張りましょうw

買い物2011年9月22日

今日は、PS3とXbox360で、大作と呼ばれるゲームの発売日でした。
一つはPS3の「DARK SOULS」、もう一つはXbox360の「Gears of War 3」です。

DARK SOULSは前作をプレイしていないのですが、前評判が良いので購入を決めていました。
そして、Gears of War3は1と2、共にプレイしているので、これも購入が決定していました。

特にGears of War3の方は、予約しようとamazonで注文したんですが、発売日に届かないって感じなので、キャンセルして店頭販売にかけることにしました。

で、今朝、秋葉原のヨドバシカメラに開店から言ってきました。
9時半開店なのですが、9時20分くらいに到着した時には、20人弱の人がいました。

で、案内を見ると、「Gears of War3 本体同梱版はこちら」という看板が。
整理券とか配布していなく7~8人が並んでいる状況でした。

もう一つの列は、通常にゲームを買う列。
そちらは10人くらい並んでいる感じでした。

ここで運命の選択が・・・。
通常版を買うか、衝動買いで本体同梱版買うか・・・。

数秒の思考のうち、本体同梱版の列に吸い込まれるように並んでしまいましたw
いやぁ、衝動買いは怖いですな。
手持ちのお金は足りなかったのですが、カードで買ってしまいました。
恐るべし魔法のカード・・・。

てことで、今回は新Xbox360と、Gears of War3、そしてDARK SOULSの購入となりました~。

買い物 2011年9月22日(木)