エオルゼアカフェレポート 室内編

今回は、10月11日(土)に行ってきました、「Final Fantasy Collaborated with Pasela Eorzea Cafe(以下エオルゼアカフェ)」のレポートをお送りします。
2回に分けてのレポートなり、今回は室内を紹介したいと思います。
次回は、料理や来場特典等のレポートをする予定です。

まず、エオルゼアカフェに行くには、今月から始まりましたWebからの予約で行くのがスムーズでしょう。
 エオルゼアカフェ予約サイト
毎月、1日からの予約は「16日〜31日分」、15日からの予約は「1日〜15日分」までの予約になっています。
自分も今回は予約をして、16時30分〜18時30分の回(2時間入替え制)に行ってきました。

店舗内に入ると、まずは予約チケットの確認をして、入口直前まで進めるようになります。

Eorzea Cafe 001

himechanも多数来場

室内は、思ったより広く無く、席数も少ないのでゆったりしている感じです。
自分たちは入口付近のカウンター席に案内されました。

Eorzea Cafe 002

室内はゆったり空間

Eorzea Cafe 003

FFXIVもプレイする事も可能。ちょうどhimechanがプレイ中でした。

室内は、FFXIV新生エオルゼアの世界観を強調したデザインになっています。
グリダニアの冒険者ギルドの場所をイメージしたらしい。

Eorzea Cafe 004

エオルゼア全土のマップ

また、各ジョブで使われると思われる武器も多数置いてありました。

Eorzea Cafe 005

ナイト用の剣と盾、モンク用の爪、銃術士用(未実装)の銃

Eorzea Cafe 006

素材感もしっかりしています。剣は二刀流?

Eorzea Cafe 007

爪はゲーム内より大きい印象

Eorzea Cafe 008

銃も結構な大きさ。これを使うジョブが早く見てみたいものです。

今回室内の武器で1、2位を争う存在感を示していたのが詩人用の弓でしょうか。
かなり大きな弓で、飾られている装飾もカッコイイです。

Eorzea Cafe 009

詩人用の弓

すぐ隣に、また違う武器のセットも置いてありました。

Eorzea Cafe 010

左から、白魔道士用の杖、戦士用の斧、黒魔道士用の杖

違う場所には、また剣も置いてありました。
剣は、全部で3箇所に違うデザインのものがありましたね。

Eorzea Cafe 011

これもナイト用の剣?また二刀流。

カウンター上部には、竜さん用の槍もありました。

Eorzea Cafe 012

竜騎士用の槍。かなりの大きさ。これをぶん回せる竜さんはさすがやで・・・。

もう一つの剣。
これが一番ナイトっぽい剣。
レリック武器っぽいかな。

Eorzea Cafe 013

ナイト用の剣。良い素材感。

また、室内中央にはモグの置物もありました。
全5種類です。

Eorzea Cafe 014

通常タイプのモグ

Eorzea Cafe 015

お酒を飲んでいるモグ。お酒のラベルもFFXIV仕様。

Eorzea Cafe 016

レターモーグリ仕様のモグ

Eorzea Cafe 017

ラッパを吹いているモグ。モグ討滅戦とかにいたような・・・。

Eorzea Cafe 018

詩人仕様のモグ。討滅戦では周囲のモグを強化するいやらしい奴。

店内では、FFXIV新生エオルゼアの推奨PCが4台置いてあり、自由にプレイする事が可能でした。
himechanが最初のプレイしていましたが、戦闘するわけでも無かったので、ここはわいが!という事で、自キャラでログインしてみました。

Eorzea Cafe 019

大関愛用キャラ

せっかくなので、戦闘行ってみようという事で極タイタン戦に行ってきました。
コンテンツファインダーで登録して待っている間に、慣れないキーボードとマウスを操作し、UIを変更して何とか動けるまでになりました。

で、ナイトで突入しましたが、動きに不安があったのでMTを志願。
無事、事故も無くクリア出来ました。
何とかなるもんです。
良い体験しました〜。

という事で、室内編のレポートはこれで終了です。
次回は、メインの料理編をご紹介したいと思います。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
    • LAZ
    • 2014年 10月15日 0:51

    大関さんのツイート報告を見ていただけで、そこまでイメージを膨らましていたわけじゃなかったのですが
    想像以上の再現度や力の入りように驚きました。

    今のご時世に一つのゲーム作品を元にした、このような本格的なお店が公式で作られるのも凄いと思いますし
    ゲーム内のアイテムを再現したものが、ここまでしっかり作られていたりすると
    ファンとしては嬉しい限りなんでしょうね。

    • お久しぶりです〜。

      FFXIVも1年以上プレイしていると、世界観とかシナリオとかじっくり味わっているので、こういうリアルイベントには行きたくなってくるんですよね。
      MMOゲームって、長くプレイするゲームだからこそ、プレイが生活の一部になっていて、リアルとの融合がより体感出来るんでしょうね。
      スクエニも、MMOプレイヤーは世界観を大事にしている事もわかっているので、凝った内装とか料理になっていたみたいです。

      今回は店員さんが普通の格好でしたが、来場者数が増えると、ゲーム内で来ていた衣装に変更されるということで、2回目も行きたくなる内容でしたよ〜。

コメント 停止中