永遠の課題 WEBブラウザの選択

本日はWebブラウザの話題をしようかと思います。

Webブラウザと言えば様々なものが出ていますが現在主流なものは以下の4つでしょう。
Google Chrome
Safari
Opera
Internet Explorer

自分は現在Operaを使っていて過去の使用経歴としては、
Google Chrome → Opera → Safari → Opera → Google Chrome → Opera
となっています。

選ぶ基準は、「WindowsでもMacでも同様の使い心地が出来るか」につきますね。

それは、表示速度、操作性、ブックマーク共有、Flashの軽快さ、などなどがあります。

操作性ではマウスジェスチャーが重要で、Operaは標準装備していて快適なのです。
Google Chromeは拡張機能で出来ますが、挙動がどうも不安定。
右クリックとの干渉が怪しいです。

そしてMacを使用していて最も重要な点がFlashの軽快さです。
とにかくMacでのFlashは重いです。
そこで今はOperaにてクリックしたらFlashが実行されるように設定しています。
見違えるように軽快さが変わりますよ。
いかに現在のサイトがFlashを多用しているか分かります。
広告とかにも使ってるの多いですからね。

ただOperaの問題点は、エンジンを変更している最中ということもあり、標準的な機能がまだ実装されていなかったりしている事です。
最近までブックマーク機能が、インポート機能が無かったり、共有機能が無かったりしていました。

そして、いよいよブックマークインポート機能と共有機能が実装され、これにより標準的な機能が揃い、実用に耐えうるバージョンになりました。
後は、ニコ生配信系ソフトウェアのCookie処理の対応がスムーズだと完全移行出来るかなという感じです。

Webブラウザは毎日使うもの。
今やスマフォでも使います。
より快適に使うために、色々な機能はチェックしていきたいと思います。

コメント 停止中