自作PCでベンチマーク

本日は、先日に引き続き自作PCの話題です。

今回は性能面、つまりベンチマーク中心にお届けしたいと思います。
性能の参考にでもしてください。

以下は、自分の自作PCのスペック環境です。

スペック
マザーボード ASROCK 「Fatal1ty Z77 Professional」
CPU Intel 「Core i7 3770K」
メモリ Corsair 「CMX16GX3M2A1600C11」 16GB (8GB x 2)
ビデオカード ASUS 「GTX680-DC2T-2GD5」
SSD Intel 「SSDSC2CT120A3K5」 (128GB)
電源 Corsair 「CMPSU-750AX」
CPUクーラー Cooler Master 「TPC 812」
OS Microsoft 「Windows 7 Professional 64bit SP1」
ビデオカードドライバー Nvidia 310.80(Beta)

今回試したベンチマークは以下になります。

 ▼Crystal Disk Mark
   HDDやSSD用のベンチマーク。
   データの読み込みや書き込み性能が数値として分かります。

 ▼3DMARK 2011
   3D表現に特化したベンチマーク。
   主に、最新の3D表現の場合でのビデオカードの性能が数値として分かります。

 ▼PSO2 ベンチマーク
   SEGA開発のオンラインゲーム「Phantacy Star Online 2」のベンチマーク。
   主に、少し古めの3D表現の場合でのビデオカードの性能が数値として分かります。

それでは以下にベンチマーク結果を掲載していきます。

◯Crystal Disk Mark
 まずは、OSをインストールしているSSDのベンチマークです。
ソフトウェアの実行速度や、OSの起動速度などを分かることが出来ます。
Crystal Disk Markは、512KBと4KBのデータを、50MB〜4000MBまで読み書きしてストレージの実行速度を調べます。

 ・50MB
   CrystalDiskMark 「50MB」

 ・100MB
   CrystalDiskMark 「100MB」

 ・500MB
   CrystalDiskMark 「500MB」

 ・1000MB
   CrystalDiskMark 「1000MB」

 ・2000MB
   CrystalDiskMark 「2000MB」

 ・4000MB
   CrystalDiskMark 「4000MB」

 さすがSSDです。
読み込みは毎秒300MB以上、書き込みは毎秒130MB以上を安定して出しています。
ベンチマークの容量別に見てみると、基本的には「50MB > 4000MB」の順で性能が下がっていくのですが、4KBの時にその下がり具合が随所に現れています。
つまり、「少ない容量(4KB)のデータを大量(4000MB)に処理する時に性能が落ちやすい」という事になります。
もっと性能の良いSSDの場合は、この4KBの所が安定しているものが多いようです。

◯3DMARK 2011
 続いて、3D性能をベンチマークします。
3DMARKは最新の3D表現に対応しているので、ビデオカードの性能をフルに使用してベンチマークする事が出来ます。

 ・総合スコア
   3DMARK11 「総合スコア」

 ・詳細スコア
   3DMARK11 「詳細スコア」

 比較するものが無いので、何とも言えないのですが、スコアが10000超えているって事は、たぶん相当良い方だと思います。
ちょっと前までのビデオカードだと7000〜8000が多かったようですので。
各グラフィックテストの結果も、30FPS以上出ているので、殆どのゲームで快適に出来ると予想出来ます。
ベンチマークは負荷が高めに出来ているので、普通のゲームですと60FPSは維持出来るんでは無いでしょうか。

◯PSO2 ベンチマーク
 今回試したベンチマークで唯一、実際にゲームがあるPSO2のベンチマークです。
実際にこのビデオカードで、このゲームをプレイした時の基準が分かる事になります。
ベンチマークは以下の設定をしました。

 簡易描画設定:5
 描画(テクスチャ):高解像度
 描画(シェーダー品質):標準 

そして、ウィンドウモードの違いで、以下の2点で試しました。

 1.
  解像度:1920×1200
  ウィンドウモード:フルスクリーン
    PSO2ベンチマーク 「1920x1200 フルスクリーン」

 2.
  解像度:1920×1200
  ウィンドウモード:ウィンドウ
    PSO2ベンチマーク 「1920x1200 ウィンドウ」

 かなり良いスコアが出ました。
PSO2は少し古い3D表現ですので、多くのハードウェアで良いスコアが出やすいです。
ゲームをするには2000〜3000程度のスコアが出れば良いらしいので、20000近くのスコアはトップクラスと言っても良いみたいです。
ウィンドウモードは、やはりフルスクリーンの方が若干良いスコアが出ています。
ただ、自分はフルスクリーンだと、CPU使用率や時間が見れないので、基本ウィンドウモードでプレイしています。
ここまでのスコアだとゲーム中も、この若干のスコアの影響は殆ど無いと言って良いでしょう。

さて、色々ベンチマークしてましたが、いずれも良い結果が出まして、やはり最新のPCのは良いもんだと実感しましたね。
この性能を眠らせることが無いように、フル活用していこうと思います。

これで自作PCの話題は一段落します。
後は使用し続けて、気になった事が見つかりましたら、また記事にしたいと思います。
それでは!
 

  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
    • 2012年 12月8日 0:08

    大関さん、お久しぶりです。
    いつの間にかのブログ更新お疲れさんです。

    自作PCのブログかなり興味津々で見てました。
    色々と勉強になりましたし、何時かは自分も自作PCを組んでみよう!と言う気持ちになりました。
    自分の周りには、詳しい人は居てませんがw

    自分もちょいちょい多忙な時期がありまして、ゲームの方も殆どやれてませんw

    後、フレッツ光になりまして、プロバイダが変わったんで、生放送が見れるようになりました。
    今も、大関さんの生放送を見ながら、コメント書いてます。
    これからは、見れるときは、見させてもらいますよ~。

    追伸
    今年の夏も北海道に行きました。やっぱり良かったですわ。
    大関さん、お正月は、実家に帰省されるんですか?

      • 大関@管理人
      • 2012年 12月9日 14:17

      どもでっす!
      Blog更新だいぶさぼっていましたが、少しずつ再開していこうと思います。

      自作PCですが、気をつける点がいくつかあるだけで、基本組み立てるだけですので思っているより簡単だと思いますよ。
      それに各パーツを自分のこだわりで選べるし、予算も自由に調整出来るので、お金的にも易しいかと。
      まぁ疑問点あれば、聞いてもらえれば教えれるので、お気軽にどぞ〜。

      生放送観てくれて感謝でっす。
      生放送も、最近は気分がのった時にしか出来ていないんですが、出来るだけ参加者が多く来れるゲームを中心にやっていきたいと思っています。
      視聴、参加共に歓迎ですので、これからもよろしくでっす。

      お、北海道行ったんですね。
      特に夏の北海道は過ごしやすいですからねぇ〜。
      見ても食べても過ごしてもよしの北海道、また行ってみて下さいです。
      わいの方は、わいも夏に一回帰ったので、年末年始は帰る予定は無いですね。
      なので、家でまったり過ごす予定ですじゃ。

コメント 停止中