自作PCご報告

本日は、購入してから3ヶ月たってからのお知らせになりましたが、購入した自作PCの性能面や問題点などのレビューをメインに記事にします。

自作PC 「全パーツ」

パーツを購入後、組み立ててみたのですが、初めての組み立てという事で結構時間かかりました。
たぶん半日くらい作業していたと思います。

マザーボードにCPU付けて、続けて、CPUファン、メモリを付けた後、ケースにマザーボードを固定しました。
ここまでは順調。
プラスドライバー一本で作業出来るので、思ったより楽でしたね。

次に、電源ユニットを取り付けまして、マザーボードに電源ケーブルを配線。
その後、各ファンケーブルやUSB、ストレージケーブルなどの配線作業をおこないました。
ただ、この配線作業がかなり苦労しました。

電源ユニットからのケーブルや、ケースから出ているファンやUSBケーブル、マザーボード付属のストレージ関係のケーブルなどなど。
とにかくケーブルを何処に付けるのかを確認するのに殆ど時間使っていましたね。

自作PC 「ケース内部」

何とか組み終わって、Windowsをインストール。
さすがのSSDの早さで20分くらいでOS入れ終わります。

それから、普段使用しているフリーウェア類やPSO2のインストールをして、一応使える状態まで持って行きました。
しかし!しばらく使っていると、だんだんPCの調子が悪くなっていきます。

具体的な症状としては、ブルースクリーン連発、WIndows Update失敗などが主なもので、OSのをいくら入れなおしても症状が変わりませんでした。
色々ネットで調べても分からないし、メモリを最低限の一枚にしたり、ビデオカードも抜いたり、余計なドライバー類を入れない状態で試したりと、あらゆる事は試しましたが症状は変わりませんでした。
しかもPSO2にいたっては、インストールしただけでもうブルースクリーン出るし、デュアルディスプレイで使用していると片方赤いディスプレイになるしと、もう分けわからない状態です。
SEGAのサポートに連絡してもデュアルディスプレイはサポートしていないという定形文の返信を貰い、お手上げ状態でした。

もうこうなったら、ハードウェア的な故障しか考えられないという結論に達しました。
ですが、どこが壊れているのか、まずは切り分けをしました。

 ◯メモリを1枚交互にさして検証
   結果:症状変わらず
   結論:メモリは不具合無し

 ◯SSDとHDD両方にOSをインストールして検証
   結果:症状変わらず
   結論:両方不具合無し

以上の検証結果から、これはもうマザボードかCPUくらいしか考えられないという結論をしました。
てことで、さっそくパーツを購入した秋葉のTSUKUMOに各パーツを持って行って診断してもらう事にしました。

症状を伝えると、「メーカーに送って検証後、修理か新品交換」という対応になると言われました。
でもそれだと2週間近くかかるらしいので、少し粘ってもう少しその場で診断してもらいました。
すると、店の在庫とその場で交換してくれるという結論を出して貰える事に!

そこまで急いではいなかったんですが、やはり早く使いたいですからね、嬉しい対応でした。
で、交換してもらったのは、CPU、マザボード、メモリの3点になりました。
一番怪しかったものです。

帰宅後、さっそく組み直してみたら、すっかりブルースクリーンの症状はおさまって、現在も問題なく使えています。

という事で、いきなりつまずいた自作PCだったんですが、原因を見つけ、解決する事が出来たので、凄い勉強になりましたね。
この報告見ると敷居が高いと思われるかもですが、周りに少し詳しい人がいれば、問題無いくらい簡単ですので、新しくPC購入を検討している方は、自作PCも検討してみてはどうでしょう?

さて、組み立ての話しをした今回でしたが、次回は性能面でご報告しようかなと。
各ベンチマーク結果や、ゲームやっている時の環境などですね。
それではまた次回!

コメント 停止中