Phantasy Star Online 2 クローズドベータテスト迫る!

Phantasy Star Online 2(以下PSO2)のクローズドベータテストが、4月19日(木)16:00 〜 4月28日(土)23:00に決定しました。
現在、テスト参加者に順次当選メールが来ているようです。
当選者は、事前にクローズドベータテストプログラムのダウンロードなどが先行して出来るようになっています。

さて、今回はクローズドベータテスト迫るPSO2のプロデューサーである酒井氏のインタビューが「4gamer.net」に掲載されていましたので、まとめて解説したいと思います。

 「ファンタシースターオンライン2」で“オンラインゲームの未来”を見せたい–プロデューサーの酒井智史氏に,クローズドβテスト以降のプロジェクト構想を聞いてきた

以下、インタビューより抜粋です。

・武器カテゴリー、フォトンアーツ、スキルなどは初代PSO並みに増えていく予定。
・ベータテストで使用するサーバーは、正式サービス時とほぼ同等の規模。
・必要スペックを現時点のよりも下げた状態を作っていたが、PS3やXbox360のゲームと比べて見劣りするから辞めた。
・グラフィックスはまだ上げれるが、開発のスピードが下がるので、優先順位は低い。
・正式サービス後、業績が良かった場合、グラフィック向上もありうる。
・クローズドベータテストのデータは、テスト終了後リセット。
・オープンベータテストのデータは、正式サービス時に引き継げる予定。
・「FUN」というゲーム内ポイントがある。
・FUNは、フレンドに「グッジョブ」というコマンドを送ったりする事で貯める事が出来る。
・FUNのポイントで、スクラッチ(ガチャ)を引くことが出来る。
・追加倉庫、マイルーム、マイショップの解説は30日単位の「レンタル課金形式」。
・追加キャラクター1体の作成権、所持品の最大数拡張、スキルツリーの追加は「買い切り課金形式」。
・1アカウントにつき、最大12体までのキャラクターを作成可能。
・レンタルものは、1アカウントで全キャラに適用。
・所持品の拡張などのキャラクターに紐付くものは、キャラ毎に購入。
・シップ(サーバー)間で、キャラクターを移動するサービスも検討中。
・スマートフォン版でキャラを育てると、PC版にも反映する要素も。
・スマートフォン版で入手したアイテムを、PC版で使用出来る形も検討中。

だんだんと詳細が判明してきましたね。

アルファ2テストでは酷かったラグの問題も、このクローズドベータテストではサーバーが拡張されているようなので、どこまで改善されているのか気になります。

そして「FUN」というポイント制度。
PSO2は多くの参加者、そしてコミュニケーションをモットーに開発していますので、コミュニケーションで増えるポイントとかはモチベーション上がりますね。

倉庫などのレンタル課金形式は、予想通りな感じですかね。これが実質の月額課金に影響しそうです。

キャラクターですが、無料だと1体だけってのはちょっと寂しかったかなぁ。
まぁ、殆どの人がまずは1体だけを成長させていくと思うから、多くの人の考えを反映させたという形でしょうか。
やり込みたい人は、お金を出すという感じですね。

シップ間の移動は、無料なのか有料なのかは不明ですね。
簡単に出来るようにしたいと言っているので、そういう仕様で開発しているのかもしれません。
殆どのオンラインゲームは、出来ないか、もしくは有料となっている場合が多いですから、これが実現すればちょっとした革命かも。

スマートフォン版は、まぁまだ構想段階という感じかな。
理想は語っているけど、どこまで実現出来るか不明ですね。
キャラを育てられれば、通勤時間とかにやれて、社会人には易しいですけどねぇ。

とまぁ、後は実際クローズドベータテストが開始したら分かる要素もあると思います。
開始まで、キャラクタクリエイトでキャラ作って、配信準備もしておきます。

コメント 停止中