時間を有効活用

ストⅣ動画ですが、今夜本編の収録しようかなと思っています。
L4D2やっていたから、また数日ぶりのプレイだ・・・w
ちょいと不安。

さて、今回は久しぶりにPC関係の話題でも。

みなさんも色々ネットでニュースサイトとかを巡回していると思いますが、長い文章の記事とかなかなか読む時間取れない時無いですか?

わいもそんな時があるんですよねぇ。
読みたい記事なんだけど、じっくり見れないと。

そこで、最近始めたのが「Evernote」っていうソフトウェアを使って、WEBクリップして読んでいます。

具体的には、

ブラウザで読みたい記事を開く
    ↓
Evernoteに転送
    ↓
Evernoteでクリップした文章を整理
    ↓
iPhoneで読む

という感じです。

まず、Evernoteのアカウントを作成する必要があります。
作成はこちらから。

そして、ブラウザでクリップするための各ブラウザに対応したエクステンションかブックマークレットと、文章を管理・編集するためのEvernote単体のソフトウェアをインストールします。
それぞれのダウンロードはこちらから。

私の場合、Operaを使っていますのでブックマークレットを使用しています。
で、記事を開いている画面で、そのブックマークレットを選択します。

すると、アカウントを聞かれますので、最初に取得したアカウント情報を入れます。

Evernote WEBクリップ

Evernote WEBクリップ

後は、タイトルやらタグやらを決めますと、勝手に転送されます。

で、Evernote単体ソフトウェアで同期を押すと、先ほどクリップしたものが転送されてきます。

Evernote 編集前

Evernote 編集前

このままだと、必要な文章以外の情報も入っているので、文章を整理します。
広告や、いらないリンクなどを、普通に選択して削除します。

Evernote 編集後

Evernote 編集後

で、シンプルになりましたら、iPhoneにインストールしてあるEvernoteで見ると、同じ内容が見れます。

どんな原理なんじゃいって思うかもしれませんが、つまりアカウント毎のサーバーにいろいろなソフトウェアからアクセスしているってやつですね。

iPhone

【サーバー】←Evernote単体

Webブラウザ

って感じです。

で、通勤時間とかにiPhoneで長い記事を読んでいます。
ついこの間まで、GDCっていうゲーム開発者向けのイベントがあって、色々記事が出ていましたので、それを中心に読んでいます。

ちなみに、わいはゲーム業界では働いていませんよw

でもCG制作には勉強になることが多いので、読んでいます。

という感じで、また長々と説明しましたが、みなさんも使える環境がありましたら、使ってみてはどうでしょう?

  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
    • 雷舞
    • 2010年 3月16日 0:38

    「西川善司の3Dゲームファン・・・」私もサラサラとですが読んでいますよw
    PS2が主流の時代にはまったく感じなかったのですが、
    360やPS3、少しばかりの改良はありますが、それでも、どんどんどんどんグラフィックが、
    進化し続けるのはなぜかと思ってしまいますね。

    カプコンでいう「MTフレームワーク」、デッドラでは一画面に映し出される物体の量に驚き、
    ロスプラでは雪の戦場が創り出す映像美に見惚れ、バイオ5の光と闇の空気感には溜息が出ました。
    ロスプラ2では「MTFW2.0」になって、PVなどでその重量感に圧倒されています。
    出るたびに進化するグラフィックに、毎度毎度驚かされている自分がいますw

    今言われている「ギアーズ3」でグラフィックが格段に綺麗になるという話、
    360(性能的に)大丈夫か??と心配になるくらいの美しさ・・・。
    「360では無理でした、サーセンww」なんてことのないように祈りたいです!!

    もう次世代機いらないのでは(360・PS3で十分)??これ以上、綺麗にしてどーするのか!?
    開発者・開発費大変だろうに・・・。など、色々思ってしまう今日この頃ですw

      • 大関@管理人
      • 2010年 3月16日 20:56

      毎度どもで~っす。

      お、雷舞さんもあの記事よく読んでいるんですね。
      なかなかの事情通ですな。

      カプコンのMTFW、いやはやあんなものを作っていたとは、わいも驚きました。
      先見性があるなぁと。
      日本のゲーム会社は、あぁいうフレームワークを使っているっていう話しは全然聞いたことななく、次世代機になっての開発費高騰と生産効率、そしてグラフィック向上のために使うことを余儀なくされたと思うんですが、まさか自社で開発するとは驚きました。

      海外メーカーはPCゲーという土台があるから、フレームワークの発展は凄いですよねぇ。
      日本はまさにヤバイって感じだったんですがカプコンはそれを予期していたんですかねぇ。

      ギアーズ3のデモ映像も見ました。
      今回は木々の物量を増やして行きそうですね。
      前作のザコ敵の数も凄かったですが、背景にも手を入れるんでしょうかねぇ。
      でもあくまでデモ。
      PS3とかのハードウェアデモも、今見返してみると実際のゲームとは違っていたりしますしねぇw

      360、PS3は寿命長いとは思いますね。
      映像のHD、グラフィックス向上だけでも、かなりの開発力が必要ですから、それを使いこなすのは時間がかかると思います。

      まだハードの性能を十分引き出すのに時間がかかっている以上は、開発メーカーは次世代機にすぐ行かないと思いますし、ハードメーカーもハードウェアの収益取るの大変な状況のようですしね。

      CGの世界は、最先端のゲームを知る事出来るし、PCの勉強にもなるので本当面白いです!

コメント 停止中